スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王子さまはヒツジがお好き【星の王子さま】

フランスの作家アントワン・ボザとブルーノ・カタラがタッグを組んだ作品とあらば、とりあえず箱絵に惹かれなくともやってみたいと思えるわけで(笑)

ボザと言えば最近「世界の七不思議」や「TAKENOKO」「TOKAIDO」など、良くも悪くも話題作を出している、腕のタトゥーが光る新進気鋭作家。
カタラと言えば私の大好きな「キャメロットを覆う影」や「ダイスタウン」「新世界」などこちらも超有名作家。

なんという贅沢な布陣!

ということで、即買いです。箱絵には惹かれませんが(大事な事なので2回言いました)

▼星の王子さま ★★★
(The Little Prince: Make Me a Planet)
版元:Ludonaute
著者:Antoine Bauza & Bruno Cathala
DSC_1259.jpg

「キャラクター」「登り坂」「下り坂」「陸」の大きく分けて4種類あるタイルを組み合わせてひとつの星を完成させ、星にある要素の数とキャラクターの能力によって勝利点を獲得するゲームです。

タイルには「☆」や「街灯」「各種動物」「薔薇」などが描かれており、各プレイヤーが獲得するキャラクターカードによってどの要素が点数になるか決まります。
タイルには点数になる要素の他にも、マイナス点になる「火山」や、3枚集めると同タイルの要素が消えてしまう「バオバブの木」が描かれたものなどもあり、上手く考えながら取らなければ得点に結びつきません。

▼星が出来るとこんな感じ
DSC_1256.jpg


ゲームの進行は、種類ごと分けられたタイルをにシャッフルし、人数×4枚の山が4つ出来るように(2人プレイの場合は3×4枚=12枚の山が4つ出来るように)タイルを積みます(余ったタイルは除外)

スタートプレイヤーを決め、スタートプレイヤーは好きな山からプレイヤー人数分のタイルを取りオープンした後、好きなタイルを獲得して自分の前に配置し、次にタイルを選ぶプレイヤーを指名します。
指名されたプレイヤーは好きなタイルを獲得し残りのプレイヤーから次にタイルを獲得するプレイヤーを選び……と続けて行き全員がタイルを1枚配置したら1ラウンド終了。最後にタイルを獲得したプレイヤーがスタートプレイヤーとなり次のラウンドを開始します。

これを繰り返して全員が4×4マスの星が完成したところでゲームは終了となり得点計算となるわけです。

今回はakiさんと2人プレイだったので、2人用のルールでタイルは3枚めくってスタートプレイヤーが確認し、1枚を裏返し、残り2枚を表にして場に並べた後、スタートプレイヤーではないプレイヤーから1枚ずつタイルを獲得する方法で星を作りました。

この2人用のルールだと恐らく、3~4人ルールとかなりプレイ感が違うのでしょうが、2人用ルールもかなり悩ましい感じ。
確認したタイルのうちどれを1枚隠匿して並べるか?という考えどころが結構楽しいです。

とりあえず2人とも得点の指針となるキャラクターのタイルを引き、おおよその方針が決まったところで星の作成スタート。

堅実にオープンされているタイルから点数になるものを獲得していくakiさんと、裏になっているタイルにロマンを感じて獲得して脱力する私w

とりあえずバオバブの木だけは得点にならない(バオバブの木の効果を点数にするキャラクターも居ますが、2人とも持っていなかったのでバオバブは鬼門)そんなポリシーだけ持ってあとはなるべく高得点を取れる組合せか、相手に取らせない組合せを考えてせっせと星作り。

ゲームは進んで2/3程度星が出来た辺りで、最後のキャラクターカード獲得に動いたところ「王子」を引いてさてどうしてものかと。
この「王子」は他のキャラクターより得点効率が非常に良いキャラクターなんです。さすがタイトルが「星の王子さま」だけのことはありますw

裏面にしたタイルを避けていたakiさんのパターンを逆手にとって、とりあえず伏せてタイルを並べたところ、こんな時に限ってギャンブラー魂を発揮し、裏面になっているタイルを取っていくakiさん。

若干勝っているかなー?なんて思っていたのが、この手で一変し大慌てな私w

その後、なかなか得点に結びつくタイルは出なかったのですが、街灯の蓄積が利いていて最終的には辛くも3点差で勝利することができました。

▼箱の裏が得点計算時に使えるようになってます
DSC_1258.jpg


これは非常に手軽なゲームで、それなりに考えどころもあるのですが、いかんせんゲームとしてはアッサリしていて物足りなさも。
恐らく、4人もしくは3人でやると、バオバブの木の押し付け合いなどが発生し、もうちょっと展開が2転3転するんだろうなと。その方が面白そうですね。

次は3人以上でプレイしてみたいと思います。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。

関連記事

コメント

Secret

調布のあな

次回の調布のあなは
11月16日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
hhttp://twipla.jp/events/66182

最近の記事
ボードゲーム
最近のトラックバック
かんちょー@なつめ
調布のあなやってます
(・∀・)それだけ!  

かんちょー@なつめ

Author:かんちょー@なつめ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
オークション
調布のあな関連
最近のつぶやき
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。