スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た目で損した優良ゲーム【コロレット】

一時期お気に入りで毎日カバンに忍ばせていたゲームがこの「コロレット」
今ふうかさんが意外にも未プレイとのことで、ふうかさん、トド吉さん、akiさんと4人でプレイ。

▼コロレット ★★★☆
(Coloretto)
版元:ABACUS
作者:Michael Schacht
DSC_1183.jpg

まず、異なる色になるように各プレイヤーにカメレオンのカードを1枚配り、そののち7種類の色違いのカメレオンが書かれたのカード、+2と書かれたカード、虹色のカメレオンカードをよくシャッフルして山札を作ります。

4人プレイなので、場に4枚の「カード置き場」を置き、スタートプレイヤーを決めてスタートです。

手番が来たら山札からカードをめくって好きなカード置き場に置くか、カード置き場に置かれたカードを引き取るかどちらかのアクションを実行します。

カードをカード置き場から引き取った場合は、引き取ったプレイヤーはターン終了。
全員がカードを引き取るまでお休みです。

これを繰り返していき、山札から最後から数えて16枚目に破産である終了カードを引いたら、そのターンの最後までプレイして終了となります。

点数は引き取った7色あるカメレオンのカードの枚数によって決定し、3色までの郡はプラス得点、4色目以上の郡はマイナス得点として計算されるため、なるべく色を絞って獲得するのが勝利へのコツです。
ちなみに「+2」と書かれているカードは持っているだけで2点、虹色のカメレオンはゲーム終了時に好きな色のカメレオンとしてカウントすることが出来ます。

ご存知の方も多いでしょうが、同じ作者(シャハト)の「ズーロレット」と基本的なシステムは全く同じ。
コロレットはカードゲーム&小箱でドイツ年間大賞を獲れなかったため、大箱にしてコンポーネントを豪華に、システム追加までして大賞を狙いに行ったものが「ズーロレット」だと言われています。

まあ、絵柄がカメレオンっていうところも好き嫌い分かれそうですしねw

ゲームのほうは、どうせなら「カードをめくりたい!そのほうがゲームしてる感じだし!」ということで、大体2順目くらいまでは皆とりあえずカードをめくり、そこから考え始める展開で暫く進む。

このゲーム、自分がめくったカードはすぐに獲得できないため、下家へのトスになることもしばしば。
そのため良いカードを引いてしまったときが非常に悔しくw

途中、なんとか少ない色数に治めようと皆画策し、少ない枚数でも希望の色であれば取り始めるようになりましたが、しばらくして「これはマイナス点もある程度許容しないと点数が伸びない」と気付き始めたらしく、再び枚数が場にある程度出てから取る展開へ。

手持ちのカードが増えてくると、誰がどのカードが欲しい、欲しくないが明確に見えてきて嫌がらせも増えてきます。

自分は何回もプレイしているので、そんな展開の変遷を余裕もって観察していたつもりが、終わってみれば、自分以外はみんな同じ点数で、自分だけ10点差をつけられてダントツのビリw

なんという愚かさw

ズーロレットほど華はありませんが、ちょっとした時間に広げられるように持ち運べるゲームとして非常に良いゲームだと思います。

今年は10周年ということで、10周年版のちょっとリアルなバージョンが発売される予定なので、お好きなほうを1つは持っておいてよいかと。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは



関連記事

コメント

Secret

調布のあな

次回の調布のあなは
11月16日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
hhttp://twipla.jp/events/66182

最近の記事
ボードゲーム
最近のトラックバック
かんちょー@なつめ
調布のあなやってます
(・∀・)それだけ!  

かんちょー@なつめ

Author:かんちょー@なつめ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
オークション
調布のあな関連
最近のつぶやき
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。