スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険はかくも険しく【ホビットの冒険カードゲーム】

一昨日、メビウスを後にしてakiさんと待ち合わせしていましたが、少し時間があったのでイエサブをチラ観してなんとなく購入した「ホビットの冒険カードゲーム」

本年、ゲームの購入数を100個まで絞りたいという年初の目標を立てたのですが、この「なんとなく購入」がダメなんだろうと反省しきりですw

ちなみに、今年の購入数は現在6個。
ユークロニアとシヴィライゼーションが月末に届く予定で、頒布会もあるかもしれないことを考えると、完全オーバーペースです(汗)

気、気をつけないと……

▼ホビットの冒険カードゲーム ★☆
(The Hobbit Card Game)
版元:Fantasy Flight Games
作者:Martin Wallace
DSC_1143.jpg

akiさんと2人プレイ。
2人プレイはかなりルールが絞られた内容なので、多少3人以上のプレイとはプレイ感が言うかもしれませんが、ルールを読む限りゲームのエッセンスは味わえそうかなと。

簡単なトリックテイキングで(ルールブックに「トリックテイキングとはなんぞや」みたいな記述があって親切w)プレイヤーは順番に一枚ずつ手札をプレイし、カードに書かれた数字が一番大きな人がカードを全部引き取り、引き取ったカードを各プレイヤーへ分配します。

カードには数字の他に、白い星、黒い兜、茶色いパイプのシンボルが描かれているものがあり、悪側であれば白い星が2個、正義側であれば黒い兜が3個、ラウンド終了時に自身のキャラクターカードに積まれているとキャラが死んでしまいます。

2ラウンド行って、悪の陣営は正義の陣営を全滅させれば勝利、正義の陣営は1人でも生き残れば勝利です。

要は2陣営に分かれて戦う協力要素があるんですね。(今回は二人プレイだったのでありませんでしたが)
カードは4色の基本色(赤、青、黄、緑)+1色の高位色(紫)があり、トリックはマストフォロー。
紫は、出せば無条件で勝利となります。(複数人が出した場合は、より数の大きいほうが勝ち)

まあ、やってみるととにかく単純なんですが、カードの分配という要素があるだけで非常になやましい。

2人プレイは、悪1キャラ、正義2キャラでスタートするので、正義側が圧倒的に有利かと思いきや、なかなかうまくカードを得られず。

また、悪側にだけ許された特権で、得たカードをディスカードできる特権があるのがまた良いバランスを保っています。
※獲得カードが2枚で、お互いの陣営1枚ずつ生き残っており、かつ2枚のカードそれぞれに「黒の兜」が描かれている場合、正義の陣営だと自分に敢えて黒の兜を置かざる得なくなる状況など出てきます

akiさんは自分でも言っていましたが「手札が非常に良い」、そして私は「非常に悪い」w

ほとんどカードの分配権利を得られずに惨敗。
再戦したかったのですが、お店の時間切れで終了してしまいましたw

お手軽で5人までプレイできるとあれば、ゲーム会で重宝しそうです。
ゲームもシンプルですが、キャラクターの能力付けなどもあってシンプルになりすぎず、繰り返し楽しめそう。

やっぱり多人数が面白そうなので、次回持ち込んで遊んでみたいと思います。

そんな感じで、今日は「どうでもいい話」でした。

ではでは


関連記事

コメント

Secret

調布のあな

次回の調布のあなは
11月16日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
hhttp://twipla.jp/events/66182

最近の記事
ボードゲーム
最近のトラックバック
かんちょー@なつめ
調布のあなやってます
(・∀・)それだけ!  

かんちょー@なつめ

Author:かんちょー@なつめ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
オークション
調布のあな関連
最近のつぶやき
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。