スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとうツォルキンが100位圏内に【ツォルキン】

いつもツォルキンツォルキンと言っていますが、とうとうBoardGameGeekにて100位圏内に入りました!

▼BoardGameGeek
ツォルキンの紹介ページ

記念じゃないですが、ピックアップした記事を書こうかなと。

▼ツォルキン ★★★★★
(Tzolk'in: The Mayan Calendar)
版元:Czech Games Edition
作者:Simone Luciani & Daniele Tascini
DSC_1048.jpg


このゲームはマヤ文明を題材として、マヤ人の1年をシュミレートしたワーカープレイスメントおよび、リソースマネジメントゲームです。

プレイヤーは手番が回ってきたら「ギアにワーカーを置く」もしくは「ギアからワーカーを回収する」のどちらか一方をプレイするだけ。行動に関しては本当にこれしかありません。

5つあるギアの「歯」にはそれぞれアクションが設定されており、手番が一巡するとギアが1歯分移動し実行できるアクションが変わっていきます。つまり、置いてから手番が進めば進むほど(寝かすほど)良いアクションが得られる形です。

ただし、手番では必ずワーカーを「置く」か「取る」かしなければならず、パスが出来ないためワーカーを全部配置してしまえば、寝かすことなくいずれか最低1つは回収しなければなりません。要はどのタイミングで回収できるかを先読みして配置する必要が出てきます。

また、もちろん他のプレイヤーが置いた場所と同じ場所にはワーカーを置けない(同じギアの違う歯の場所はOK)ので、他のプレイヤーと適度な干渉もあり、このあたりも非常に悩ましいです。

目的は結局、3人居るマヤの神々にどれだけ「信仰心」を捧げられるかなので、勝つために何をすればよいか?という選択肢は多数あるものの、点数を獲得するための手段はかなり収束します。非常にまとまりのある終わり方をするので、この点もプレイ感さわやか。

ゲームの詳しいルールはざっくりで終わらせますが、とにかく「シンプルかつ、戦略とジレンマにまみれた絶品ゲーム」であることは間違いないです。

ただ、初めてプレイする際にはやっぱり「何をすればよいのか?」「何が重要なのか?」という点は解り辛いので、そのあたりを今日は書いていこうと思っています。

【注意すべき7項目】

▼その1 まずモニュメントを確認すべし
このゲームで最も得点が稼げる要素として「モニュメントの建設」があります。
モニュメントはゲーム中最大で6枚しか場に出ないため、最初からモニュメントの意図が明確であり、かつ、モニュメントで点数を稼ぐためには、極端に言えばゲーム初手番から計画的にモニュメントでの得点を狙ってプレイする必要が出てきます。
非常に重要なので、かならずモニュメントは確認しましょう。

個人的に強いと思うモニュメントは
「好きな宗教の信仰点が最後の決算でもう一度貰える」
「テクノロジーのMAXが3つ以上あると33点」
「ワーカーの人数により勝利点」

あたりです。
これらはどれも、点数を得られるとともに、条件をクリアすることで、プレイ自体が有利になる要素が含まれているためオススメです。

▼その2 初期資源タイルは手番順を考慮すべし
まず、必ず初期資源タイルの決定は、プレイ順を決めてから行ってください。本当にこれ重要です。
プレイ順によって、必要となるトウモロコシの数が決まってきます。もちろん後手番であればあるほどトウモロコシが必要になる場面が多くなるので、初期資源もその点を考慮しましょう。

▼その3 初期資源タイルの選び方で勝敗の3割は決まる
大げさかもしれませんが、そのくらい初期資源タイルの選択は重要です。
まず気にしてほしいのは「テクノロジー」です。テクノロジーが上昇するタイルは候補として考えましょう。
初期資源タイルには信仰が上がるものや、資源を得られるものなど色々ありますが、資源をいくら得てもテクノロジーの糧になることが多いです。
唯一クリスタルスカルだけは場合によっては持っていても良いかもしれませんが、テクノロジーがあるならそちらを優先すべきです。
次に、前述したように手番を考慮したトウモロコシ、その次に資源の順で考慮しましょう。
ワーカーを雇うタイルや、ワーカーの給料を1人無効にするタイルなど一見強そうなタイルもありますが、ワーカーを配置するためにトウモロコシが必要になる点を考えれば序盤はそこまで重要ではありません。
給料無効のタイルも、スタート時に要るかと言われれば微妙です。

▼その4 テクノロジーは出来るだけ初期にあげるべし
当たり前ですが、テクノロジーを発展させるのが早ければ早いほど多くの恩恵を受けられます。
逆に後半に上げたところで、最後に得点を若干伸ばす程度にしか使えません。初期資源タイルのテクノロジーが重要なのは同じ理由からです。

4ターン目に1つテクノロジーをMAXまでもっていける予定を立て、実行できれば非常に有利に展開できます。
上げるテクノロジーの優先度は「農業>資源=建物>貢物」です。資源と建物はケースバイケースですが、建物のテクノロジーの恩恵を受けたい場合、並行して資源が必要になるため資源のほうが先でしょうか。

もちろん、必ずしも全てMAXにする必要はありません。

▼その5 他のプレイヤーの資源をチェックすべし
他のプレイヤーが持っている資源、置いているワーカーの場所、トウモロコシの数を確認すれば、かなり先の手番まで何をしてくるか、何を狙っているか予測が可能です。
これは自分が実行したいアクションを阻害できるかどうかの確認にもなるので、自分のプレイ計画にも密接にかかわってきます。
他のプレイヤーの資源とワーカーの場所、トウモロコシの数は十分にチェックしましょう。

▼その6 ワーカーの抜き差しはなるべくまとめるべし
このゲームは手番にワーカーを「置く」か「取る」かどちらかしか出来ないため、何手番にも渡ってバラバラと置いたり抜いたりしているとアクションを実行できる回数が少なくなります。
確かに寝かせれば良いアクションを得られますが、果たして寝かせるほど効率の良いアクションなのか?という点も考えて、なるべくまとめて回収しましょう。

▼その7 アクションを遡るためのトウモロコシをケチるべからず
前述した「なるべくまとめる」という内容に付随して、回収をまとめるためにワザと実行したいアクションを超過して回収を遅らせることもアリだと思います。アクションを遡る際のトウモロコシをケチらず使いましょう。


細かいことは他にも色々ありますが、とりあえず7つです。

ゲームをプレイする上で重要なこと、見落としがちなことを書きました。
ここに書いた内容を心の片隅にでも置いておいて貰えれば、とりあえず点差をつけられて負けるようなことは無いと思います。

そんな感じで、是非より良い「ツォルキンライフ」をご堪能ください!

今日も非常に「どうでもいい話」でした。

ではでは

関連記事

コメント

Secret

調布のあな

次回の調布のあなは
11月16日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
hhttp://twipla.jp/events/66182

最近の記事
ボードゲーム
最近のトラックバック
かんちょー@なつめ
調布のあなやってます
(・∀・)それだけ!  

かんちょー@なつめ

Author:かんちょー@なつめ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
オークション
調布のあな関連
最近のつぶやき
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。