スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重さだけで飯が3杯食えるゲーム【ピックス】

▼ピックス ★★★☆
(PIX)
版元:GameWorks
著者:David Franck & Laurent Escoffier
IMGP2194.jpg


お絵かきゲームは数あれど、このピックスは「絵を描かないお絵かきゲーム」という一風変わった作品。
1970年代生まれ男性には馴染み深い「ドット絵」でお題を表現するというファミコン世代垂涎の逸品です。

ゲームはいくつかのチーム(ペアまたはトリオ)に分かれ、同じチームになったプレイヤーはそれぞれ同じお題でドット絵を作成します。このチームは協力的なチームではなく、ドット絵を完成させた際にチーム内でより少ないドットで絵を描いたプレイヤーから作品を発表できる要は「ライバル関係」です。

全てのプレイヤー間で最も早く絵を完成させたプレイヤーは、「ピックス!」の掛け声と共に場にある砂時計をひっくり返し、それ以外のプレイヤーは砂時計が落ちるまで(約30秒)に絵を完成させなければなりません。

時間が来たら答え合わせ。
チームメイトと使用したドットの数を申告し合ってより少ないほうから発表します。
ちなみに、赤いドットは1個で黒4個分、矢印は黒2個分に換算して数えます。

発表して正解が出れば、見事的中したプレイヤーとドット絵を描いたプレイヤー双方に得点が入りますが、発表が後手になってしまったプレイヤーには点数が入りません。
もちろん、先に発表したプレイヤーが正解してもらえなかった場合、後手のプレイヤーがドット絵を発表することが出来ます。ここで当ててもらえば同じように当てたプレイヤーと描いたプレイヤー(後手のみ)に点数が入ります。

もし、使用したドット数が同じであれば、一斉に発表して当ててもらえば発表した全てのプレイヤーに点数が入ります。

正解が出なかった場合は、絵を全てオープンした状態で、お題カードに書かれたヒントをひとつだけ出します。品とよって正解が出た場合は、正解したプレイヤーに点数が入り、描いたプレイヤーには点数が入りません。

これを規定回数繰り返し、より点を獲得したプレイヤーの勝利です。

今回は、ETさん、HTPさん、Takさん、ダイビキダさん、akiさん、私の6人で6ラウンドプレイ。

本来は2問ずつプレイしてチームを変えるのですが、今回は1問ずつ交代で行いました。

「絵を描かない」という点で、普通のお絵かきより軽いかと思っていましたが、そんなことも無くw
確かに、表現の限界があるため「絵の上手さ」についてはプレッシャーは無いものの、代わりに「表現力」を強く求められるため、画力よりハードルの高い「センス」を問われるゲームに。

まあ、それでも「所詮ドット絵」ということで、ドット職人でもなんでもない人達の集まりだと思うとそれなりに気楽です。

「しょーがないじゃん、ドットで表現難しいよ!」

そんな言葉が気軽に言える環境w
逆に見事表現出来ると歓声が挙がるので、それはそれで楽しいです。

ということで、実際にあったお題で作った私の作品を2つほど

▼作品その(1)
IMGP2190.jpg


意外に褒められましたこの作品。
場の流れで、前のラウンドで同じようなお題があり、ある部分の答えが回答者に伝わっていたため回答が早かったです。さて、何でしょう?答えは最後にw

▼作品その(2)
IMGP2186.jpg


これはHTPさんとペアのときだったのですが、お互いに全く同じものを2秒で作ったというw
表現の限界に挑んだ作品です。こういうのが良いですよね。

▼aki画伯
IMGP2193.jpg


これは「まんまる」のレポートでも書きましたが、akiさんが描いた「亀」です。
赤いドットがなぜか「産卵(たまご)」だという衝撃の事実に一同ポカーンとしましたw
言われて見れば真ん中の絵は亀を上から見た形に見えますが、産卵は言われても解らなかったです。

でもこの程度がちょうどいい。
このくらい緩い作品で盛り上がるのがこのゲームの楽しみ方なんだろうなと。

欠点としては、やはり「作品の出来」に盛り上がりが左右されるため、凡庸な作品やお題ばかりだとやや微妙な空気になることもしばしば。普通のお絵かきゲームなら、「画伯」であっても盛り上がりには必要不可欠ですが、ピックスは際立った「画伯」が出来難く、奇跡の1枚が生まれにくいことが最大の欠点かと思います。

とはいえ、これは「手軽さ」の代償なわけで、その分手軽に楽しめるゲームに仕上がっていて一概に悪くはないかなと。

あとは、コンポーネントが非常に重くてズッシリ感が心地よいですw
ハッキリ言って収納という意味では重いことはあまり歓迎されませんが、スカスカで軽いものが多い昨今でこの重量感はなんだか儲けた気がするとかしないとか。私は大好物です!

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


■作品解答
作品(1) 犬小屋
作品(2) 国旗

でした。わかりましたでしょうか?(汗)


 
関連記事

コメント

Secret

調布のあな

次回の調布のあなは
11月16日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
hhttp://twipla.jp/events/66182

最近の記事
ボードゲーム
最近のトラックバック
かんちょー@なつめ
調布のあなやってます
(・∀・)それだけ!  

かんちょー@なつめ

Author:かんちょー@なつめ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
オークション
調布のあな関連
最近のつぶやき
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。