スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潔くカッコよくクニツィア節【ロンド】

ゲーム会ではちょくちょく見かけるものの、ずっと国内未流通だったロンドがやっと頒布会でやってきた!ということで、早速、先日の「調布のあな」でプレイさせていただきました。

▼ロンド ★★★☆
(RONDO)
版元:Schmidt
著者:Reiner Knizia
IMGP1583.jpg

まず箱絵が綺麗。
特に写真映えが素晴らしいです。

ゲームの内容には関係ありませんがw

ゲームは、各プレイヤー手番が来たら次のアクションのいずれかを行います。

1.チップをボード上のマスに配置する
非常に造りの良い5色のチップをボード上の同じ色の数字が書かれているマスに置きます。
チップを置くと書かれている数字がそのまま点数となりますが、同じ色のチップを複数枚同時に置けば、置いた枚数×数字分の点数が入ります。

チップは必ず既にチップが置かれているマスと接しているマスに置く必要があるため、ヘタに置いてしまうと他のプレイヤーへのトスになってしまうことも。
また、置き方のバリエーションとして、任意のチップを裏返しにすることで、色を問わすマスに置くことが出来ます。ただし、この場合は置いたマスの点数がもらえません。

チップを任意の枚数置いた後、ランダムに1枚チップを引いて手番終了です。

2.パスする
何もせずに手番を終えます。パスを選択した場合、チップをランダムに2枚引くことが出来ます。
ただし、持てるチップの上限は5枚で、それ以上は引けません。

上記どちらかの行動を選択して繰り返し、ボード上の灰色の背景のマスが全て埋まるか、引くチップがなくなったら、そのラウンドで終了です。

▼チップが良く出来てます
IMGP1580.jpg

ゲームは非常に単純、もちろん同じ色を集めて一度に積むと高得点なのですが、自力で良いマスにチップを置こうとすると、何色かバラけさせないとマスを進めることが出来ず思うように置けません。

細かく刻んでいくと他のプレイヤーへのトスになってしまうし、とはいえ時には大胆に置いていかないと点数が全然取れないという……なんですかね?この考えるゲームはw

シンプルながら考えさせられるクニツィア節炸裂といった感じです。
故にプレイ感は同じ時期に発売された「秦」にちょっと似ていると感じました。
タイル(チップ)を引くまでは運の要素がありますが、引いたタイル(チップ)をどこに置くのか?最善手を考える感じが似ています。

とはいえ、ロンドは陣取りではなく点数勝負であるため、リカバーが利き易いかもしれません。また、手持ちのストックも多いので選択肢が広く、手札次第では逆転性もあり。

そういう部分で、秦よりもユーザを選ばず楽しんでもらえそうな印象です。

▼見たにもウケはよさそう
IMGP1577.jpg

箱が大きくて持ち運びは不便ですが、ゲーム会では安定して遊んでもらえそうなので、次回の「調布のあな」にも持って行こうと思います。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 
関連記事

コメント

No title

チップは5色ですよ。

Re: No title

おっと、単純な記載ミスです修正しておきます
ありがとうございますー

> チップは5色ですよ。
Secret

調布のあな

次回の調布のあなは
11月16日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
hhttp://twipla.jp/events/66182

最近の記事
ボードゲーム
最近のトラックバック
かんちょー@なつめ
調布のあなやってます
(・∀・)それだけ!  

かんちょー@なつめ

Author:かんちょー@なつめ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
オークション
調布のあな関連
最近のつぶやき
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。