スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山小屋では死活問題【トイレ】

タイトルだけ見ると、なんのこっちゃ?という感じですが、最近バネストさんなどで売られているカードゲーム「トイレ」を先日プレイしました。

▼トイレ ★★★★
(Lokus)
版元:Nurnberger Spielkarten
著者:einhard Staupe
DSC_1076.jpg

プレイヤーがすることは「ひたすらトイレに並ぶ」だけw

各プレイヤーは11枚の数字の書かれたカードを受け取ります。

全員が一斉手札を1枚場に出し、一番大きい数と一番小さい数を出したプレイヤーは、晴れてトイレに並ぶ権利を得ます。

トイレはたった2つですが
並ぶことさえできれば、必ず用を足せる模様w

ただし、ただ数字が大きいいか小さいかだけではまだトイレに並べません。
カードは色分けもされており、同じ列に同じ色は置けません。また、同じ列に同じ数も置けません。
トイレに並ぶ権利を得ても、上記の条件によって並べなかった場合は、ペナルティとして1枚山札よりカードを受け取り、出せなかったカードと合計2枚引き取って自分の前に裏向きに置きます。

並ぶ権利をそもそも得られなかったプレイヤーは、出せなかったカードを同じように自分の前に裏向きに置きます。
この「出せなかったカード」がの枚数によって最終的にマイナス点を受けます。

DSC_1075.jpg

次に、このゲームの一番肝の部分ですが、各列5番目に並ぶことができれば、バケツのカードが貰えます。
このバケツカードは、1枚であれば、マイナス点となるカードを1枚帳消し、2枚であれば2枚帳消し……と、有利なカードなのですが、なんと3枚集めると、マイナスのカードが何枚あろうが帳消しになると言う優れものです。

3枚集めるのは至難の業ですが、この「5枚目有利」があるために生れる読み合いがあって熱いです。

全員が同じ編成のカードを持っているわけではなく、ランダムで配られているため、どの数字が単純に強いか弱いかはなかなか計れず。

また、同じ数字の場合は色によって強弱があるため、温存しておきたいが、いくら強い数字でも色が被って出せなくなることもあるため悩みどころ。
当然みんな「5枚目」を欲するため、4枚目が出た次のターンは、5枚目争奪戦が始まります。

今回は、上手く2枚バケツカードを手に入れた私が、マイナスカード2枚打消した結果、マイナスカード5枚で勝利。

でも、これよく考えると、11回中4回しかカード出せてないってことですよね。
そんなに上手く出せていないような?5人なら平均値なのかな??

非常にお手軽で、カードゲームにしては考えどころも結構あり、他のプレイヤーとの絡みもあったりで、かなり好みかもしれません。
国内の流通量がまだ少ないようなので、チャンスがあれば是非ゲットしたいなと。

そんなこんなで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。
 
関連記事

コメント

Secret

調布のあな

次回の調布のあなは
11月16日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
hhttp://twipla.jp/events/66182

最近の記事
ボードゲーム
最近のトラックバック
かんちょー@なつめ
調布のあなやってます
(・∀・)それだけ!  

かんちょー@なつめ

Author:かんちょー@なつめ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
オークション
調布のあな関連
最近のつぶやき
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。