スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイディアが秀逸過ぎる名作【サンファン】

ボードゲームの傑作として広くプレイされている「プエルトリコ」をカードゲームにしようというコンセプトで生まれた「サンファン」

私はプエルトリコはどうも苦手なのですが、反してサンファンは非常に好きなゲームのひとつです。

▼サンファン ★★★★☆
(San Juan)
版元:メビウスゲームズ(alea/Ravensburger)
著者:Andreas Seyfarth
IMGP1116.jpg

プエルトリコの世界観と基本的なエッセンスはそのままに、カードゲームという手軽さと、建物=お金という斬新なシステムで全くの別ゲームとなっています。

ゲームは簡単で、各プレイヤーは手札として4枚の建物カードと、1枚のインディゴ工場(建設済)を受け取りゲームスタート。

手番では「建築士」「監督」「商人」「参事会議員」「金鉱掘り」いずれかの職業を選択し、アクションを行います。
アクションは手番のプレイヤーだけではなく、全てのプレイヤー行うことができますが、手番のプレイヤーには少しメリットが与えられます。

これを繰り返して行き、誰かが12個建物を建築したらそのターンでゲーム終了です。

すごいザックリ書いたw

このゲームの凄いところは前述したように「建物=お金」というシステム。
全てをカードで補おうというともすれば欲張りなやり方ですが、それをうまくまとめたうえで、ジレンマをプラスしています。

「この建物、建てたいけど、建てるためにはコッチの建物捨てないといけない」

みたいなジレンマを。

一方で、商人のアクションは売却上限が撤廃され緩くなっていたり、勝利点の概念が無くなっていてアクションも減っていたりと、削れるところは削ってライトに仕上げられています。

故にプレイ時間もそこまで長くなく。

今回、久しぶりにプレイしたのですが、序盤、良い建物が全く来ず、建築を2回スルーしてしまったため、建築数に開きが出てしまい(このゲームは得点のほぼ全てが建築による点数)そのまま順調に建物を建てたプレイヤーが勝利していました。

IMGP1112.jpg

このゲームの若干残念なところは、最終的に建築ゲームなので、序盤に手札が悪く建築が思うように出来ないと、後半伸びることもないので早い段階で沈んでしまうところでしょうか?

とはいえ、ゲーム時間が短いので繰り返しプレイにも耐えられますし、毎回展開が変わるので長く楽しめると思います。

持っていて損は無いかと。

言語依存が結構高いので、日本語版がやはりお勧めです。
いつまで在庫が持つかわからないので、購入はお早目に~

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 
関連記事

コメント

Secret

調布のあな

次回の調布のあなは
11月16日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
hhttp://twipla.jp/events/66182

最近の記事
ボードゲーム
最近のトラックバック
かんちょー@なつめ
調布のあなやってます
(・∀・)それだけ!  

かんちょー@なつめ

Author:かんちょー@なつめ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
オークション
調布のあな関連
最近のつぶやき
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。