スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権力抗争?悩ましい陣取り【フォルム・ロマノム】

市民を配置してエリアを支配し得点を稼ぐゲーム。
今回はakiさんと2人でプレイ。

▼フォルム・ロマノム ★★★★
(Forum Romanum)
版元:New Games Order(Kosmos)
作者:Wolfgang Kramer
DSC_1176.jpg

2プレイは、4人プレイと同じルールで、1プレイヤーが2人分のプレイをします。

まず同色の市民コマを規程数受け取り(4人プレイであれば各8個)手番で出来ることは、手元の市民コマを1個ボード上のマス目に配置するか、あるいは手元にコマがなければ、配置された自分のコマを1個別の場所に移動させるかのみ。

1つのマスに置ける駒は1個のみ。

これを繰り返して行き、7×7あるマス目の縦/横/斜め、あるいは、6~9マスで区切られた区画が埋まったら即座に決算が行われます。

決算は簡単で、縦/横/斜め/区画 決算の発生した場所のコマの色を確認し、最も多く配置したプレイヤーにその決算を行った範囲のマス数分(横1列の決算であれば7点)の点数が与えられます。

逆に、最も配置した数が少なかったプレイヤーは-4点となり、最も少ないプレイヤーが複数いた場合は各プレイヤー -2点となります(何人同率でも-2点)

最も多く配置したプレイヤーが同数で複数居ただった場合は、「均衡状態」としてそもそも決算が始まりません。

縦/横/斜め/区画 すぺてについて決算が終了、もしくは均衡状態でこれ以上決算が出来ないとなった場合にゲーム終了となります。

単純な内容ながら、手ゴマが少ないため、後半になるほど悩ましい感じ。

複数の決算を狙えるマスを優先的に埋めていく自分に対し、積極的に決算を終わらせにかかるakiさん。

「え?もう決算入るの!?」

なんて言いながら、マイナス点を重ねていく自分を尻目に、akiさんは序盤から順調に点数を稼いでいきますが、

点数も貰う!マイナスも貰う!

そんな立ち回りをしていたakiさんと、なるべくマイナス点を取らないように立ち回った自分との差は徐々に埋まり、最終的には僅差で自分が勝ちました!

これ、かなり面白いです。

本当にやることはシンプル。考えることもシンプル。
でも、戦略として、攻めに行くか?守りに行くか?妨害に行くか?という選択肢がしっかりと存在し、なかなか悩ましくなっています。

時間もそれほどかかりませんし、コンパクトで持ち運びやすく、値段も超手ごろ。オススメです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは


 
関連記事
スポンサーサイト

シャチ、タコ、ゴリラ!雑多な饗宴【たのしい動物園】

その名の通り「楽しい動物園を作る」そんな雰囲気(!?)のゲームです。

ZooSimというゲームのリメイクのようですが、残念ながらこれも絶版。
ひろぴさん、すずめさん、私の3人でプレイしました。

▼たのしい動物園 ★★★
(O Zoo le Mio)
版元:Zoch
作者:Leo Colovini
DSC_1159.jpg

プレイヤーは最初に衝立となる小屋と、初期タイルの代わりになる小屋の庭のようなタイルおよび8金を受け取ります。

この小屋が非常に小さくて、衝立としては機能しない……
更に、お金のマーカーがどうみてもお金に見えない……
「EDO」のお米マーカーみたいなやつですw

準備が整ったら、動物園のエリアを表すタイルをランダムに5枚場に並べ競りが始まります。

競りは、各プレイヤーが任意の数のお金を手に握り一斉にオープンすることで行われ、同点だった場合は、優先順位を決めるフラッグマーカーの位置によって勝敗が決まります。

見事タイルを競り落としたプレイヤーは早速、自分の動物園にタイルを配置するのですが、この配置がなかなか悩みどころで、カルカソンヌのように地形の絵柄を合わせるのは勿論、タイルに書かれている星の色を併せることも重要です。

この星は、展示されている動物によって色が決まっており、隣接するタイルに描かれている星の色が同じであれば、数が合算され、それが人気度となります。

人気度はタイル配置の瞬間から適用され、それぞれの星の色ごとに最も人気のあるエリアに2人、2番目のエリアに1人のお客さんが訪れます。

これが即ち、決算時の勝利点に結びつく感じです。

また、道を繋げて環状にすると、道の内側のエリアにベンチが1つ建ちます。このベンチはお客さんと違って移動しないため、固定の点数となり、非常に有利。

星を取るか?道を取るか?「とりあえず」なんて無計画にタイルを競り落としてしまうと悩ましさが倍増w

他にも、樹木が園内に一番生えているプレイヤーには木のトークンが2本、2番目のプレイヤーには1本与えられます。

競りと配置を繰り返し、場に出した5枚のタイルの競りが全て終わった後、「お客さん」「ベンチ」「木」のマーカーの個数×ラウンド数分の点数と自分の動物園に配置されたタイル枚数と同じ数のお金を各プレイヤーは受け取り、これを5ラウンド繰り返してゲームは終了です。


タイトルは「たのしい動物園」ですが、本当に世知辛い世界。
展示されている動物も、ライオンやゴリラといった動物は解るのですが、なぜか水生生物のイルカとか、あまつさえタコとかw

でも、そんな微妙なチョイスも、絵柄は綺麗だし箱庭的な造作の楽しさもあるので、結構配置のときにワクワク。
これが「たのしい」を形成しているのでしょう。

このゲーム、後半に行くほど得点効率が良いので、前半そこまで頑張らなくてもいいかな?なんて思っていたのですが、そもそもタイルを増やさないと収入が無いので、拡張は余儀なくされるところ。

しかし、気付いた時には遅く、すずめさんがかなり勢力を拡大している真っ最中。

慌ててタイルを競り落として、ベンチやお客を引き寄せるものの、なかなかタイルの枚数差は埋まらずに独走を止められない事態に!

そのまま、すずめさんが順調に得点を伸ばし勝利。自分は2位、ひろぴさんはボロボロに崩れ去っていましたw

「このゲーム、拡大再生産ゲームじゃないか!」

と悔しそうに言い放ったひろぴさんの顔が忘れられません。

競りゲームはかなり敷居の高いジャンルだと思いますが、このゲームはそれほどシビアな競りを要求されませんし、見た目も楽しいので、初心者にも気軽に勧められるゲームだと思います。

まあ、相手が全員ガチ過ぎたら初心者さんは辛いでしょうがw

それはどんなゲームも同じってことで。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは

関連記事

妄想カレシカノジョと幸せに!【カップル危機一髪】

先日、調布のカフェにて、ふうかさんが持って来てくれた「カップル危機一髪」を、ふうかさん、トド吉さん、aiさん、私の4人でプレイ。

▼カップル危機一髪 ★★★☆
(Relationship Tightrope)
版元:Überplay
作者:Reiner Knizia
DSC_1184.jpg


「綱渡り」のリメイクで、最近では「フィフティフィフティ」とか「陰陽」とか~という説明を聞いて、ああ、見た目に寄らずクニツィア作なんだなとw

システムは簡単で、まず各プレイヤーへ1~50のいずれかの数字が書いてあるカードを9枚配り、次に、場には1~9の数字と様々なトラブルが書かれたこれまた9枚のカードを山にして置きます。

ディーラーを決め、山から1枚トラブルのカードをめくり、ディーラーから順番に数字が書かれた手札のカードを1枚ずつ時計周りにカードを表向きにして出して行きます。

出された数字カードを比べて、数字が最も大きかったプレイヤーは青い色の棒を、数字が最も少なかったプレイヤーはピンク色の棒をトラブルカードに書かれている数字の数だけ受け取ります。

この棒?は全てマイナス点ですw

ただし、青とピンクは相殺するため、青い棒を仮に3本持っていたとしても、ピンクの棒を3本引き取れば相殺されて失点はゼロとなります。なかなか良くできている。

これを9回繰り返し、山が無くなったら一度決算して、それを4ラウンド繰り返した後、4ラウンド合計失点の一番少なかったプレイヤーが勝利となります。

てか、このゲーム、失点棒が少ない人は脳内彼女(彼氏)と上手くやっている人なんだそうなw

確かにシステムだけ見るとクニチーっぽいんですが、いかんせんテーマがおバカで笑えます。

トラブルカードのイラストも、便器にハマってしまうなど下らなさ満点!

▼トイレにハマる図w
DSC_1186.jpg


失点の少ない人に「脳内彼氏とうまく行ってるね!(苦笑)」なんて言ってみたり、逆に失点を茶化されたら「脳内彼女とうまく行っちゃってもいいの?いいの?」と反撃してみたりw

テーマがおバカなだけで、会話が盛り上がるのはいいですね~

陰陽であれば手に入りますが、ちょっとこの「カップル危機一髪」が欲しくなりました。
今度エッセン行けたら探して来ようw

勝ったのは最後にパーフェクトを出して、うまく失点を抑えたakiさん。
最下位は私でしたw

私以外はみんな1度はパーフェクト出していたので、もうダントツのビリ。
これは妄想力が足りないということだとおもいますw

そんな感じで、今回も楽しくも「どうでもいい話」でした。

ではでは



 
関連記事

仙川のゲームカフェへ行ってみた

先日、調布経済新聞(web)の街コン記事(え?)に載っていた仙川の「ドリム」というお店について、「ボードゲームも扱っていますよ」的な記述があったため、ボードゲーマー数名がツイートしていたところ、ふうかさんと「じゃあ行きましょうという」流れに。

ふうかさん、トド吉さん、akiさんと共に昨日視察(?)へ行ってきました。


▼仙川駅
DSC_1178.jpg

仙川駅は京王線で新宿駅から快速を使えば20分くらい。

調布市と世田谷区の間に位置し、北に白百合女子大学、南に桐朋学園女子部と、徒歩10分圏内に2つのお嬢様学校を抱えるため、若い女性が喜びそうなオシャレカフェやスイーツ店などを多数擁する商店街があり、調布一商店街が賑わっている街です。

昔はなーんも無い街だったんですけどねw

ここ15年くらいですっかり様変わりしました。

ちょっと早目に着いてお茶していると、トド吉さんから「もう店の前です」という連絡を受け急いで目的のお店へ

▼店舗外観
DSC_1179.jpg

商店街からはちょっとだけ離れた場所にひっそりとたたずむ店舗「ドリム」
到着すると、ふうかさんとトド吉さんが既に店の前に居たので、声を掛けて「正面の焼肉屋が気になるね~」なんて話をしつつ手探りタイム。

店内はカウンター席6席と、樽テーブル(4人席?)1つでしたが、地下に20人程度の席があるとのことだったので、とりあえず潜入決行。

カウンターはTCGのお客さんでほぼ満席。地下は空いているようなので、システムを確認すると「130円以上のオーダーしてくれれば地下利用OK、時間制限なし」らしい。
早速、飲み物をオーダーし地下へ。

地下は、ちょっと幅のあるウナギの寝床といった感じの構造。
TCGのお客さんがチラホラ居て、特にゲームもせず話をしていました(後程、非公式大会が始まりました……)

とりあえずテーブル席についたものの、ボードゲームをするにはちょっとテーブルの幅が狭く、さてどうしたものか?と暫く飲み食いしながら雑談。

店員さんが来た折にテーブルを2つ使わせて貰ってなんとかスペースを確保し、「ツォルキン」「ラミィキューブ」「コロレット」「カップル危機一髪」と、4種類ほどプレイし撤退しました。

大体、時間にして5時間くらい?

終わった後、店員さんに呼び止められ少しお話したのですが、実は自分たちが「ボードゲームが出来る店」と宣伝してからほぼ初めて来た客とのことw

ボードゲームはこれから本格的にやろうと考えているらしく、まだ料金等のシステムを決め兼ねている……など、ちょっと相談めいた?お話がちらほら。

ちなみに、その店員さん(店主さん?)が最近ボードゲームにはまっているらしく、店内には私物のボードゲーム(貸出するようです)が飾られていました。

▼ボードゲーム棚
DSC_1180.jpg

若干、苦言を言わせていただけるなら、ちょっとTCGのお客さんの声量がキツかったですね。
TCGってあんなに騒いでやるものだとは知りませんでしたw

貸切であれば良いと思うのですが、他にお客さん(今回は私たちになりますが)が居るのであれば、あそこまでうるさくされるとインストも難しいですし、出来れば店側のフォローは欲しかった。
そこが改善されないと、ボードゲームとの共存は難しいかも?

あとは、テーブルの広さですかね?
これは改善するようです。

ゲーム後は、帰り際に近くで見つけたインド料理屋で閉店まで雑談したのち、仙川駅で解散しました。

▼インド料理屋
DSC_1187.jpg

▼カレーうまうま
DSC_1188.jpg

今後も色々なゲームカフェやゲームバー、プレイスペースなど積極的に突撃したいと思いますので、是非、お店をご存知の方はお知らせください~

そんな感じで、今日も「どうでもいい?話」でした。

ではでは


 
関連記事

大富豪?大貧民?【ハギス】

昨日はakiさんと、遅ればせながら新年のご挨拶がてらテンデイズさんへ。
色々お話させていただいていたら完全に写真を撮り忘れ。

タナカマさんとゲームの話をしている脇で、akiさんは店内にあったボードゲームナビに載っているタナカマさんの写真を見つけて喜んでました。
oh!マイペースw

そんななか、akiさんが興味を示したハギスと、買おうと思っていたQin(秦)を購入して撤収。
帰りに近くのバーミヤンでハギスをプレイしました。

▼ハギス ★★
(Haggis)
版元:Indie Boards and Cards
作者:Sean Ross
DSC_1172.jpg

2人もしくは3人で行う大富豪のようなゲーム。

今回は2人でプレイしたので、お互いにランダムで14枚ずつの手札を持ってスタート。残ったカードは除外しますが、この除外カードを「ハギス」と呼ぶそうです。

手札は2〜10の数字と4種類のシンボル(3人プレイだと5種類)がいずれも1つずつ書かれており、数字が大きい方が勿論強いカード。
また、手札の他にジャック、クイーン、キングの3枚を各プレイヤーは追加で受け取ります。
この3枚はそれぞれ11、12、13の数字として使える他、ワイルドカードとしても使用できる万能カード。

これらを使い、相手が場に出したカードより大きな数字のカードを場に出すことで手札をなくしていきます。

カードを場に出す際は、同じ数字を複数枚だったり、同じシンボルの連番になっているカードをまとめて出したりすることも。この辺は本当に大富豪と同じですね。

ハギスならではなのは「ボム」という出し方があり、異なるシンボルまたは同じシンボルの3・5・7・9のカードもしくはワイルドカード2枚を出すことで相手が出したカード無視で勝つことができます。

カードを場に出した際に相手がパスしたらそのゲームは勝ちとなり、勝った場合はそのゲームで場に出されたカードすべて受け取り、次のゲームでスタートプレイヤーとなります。

どちらかの手札がなくなったらワンラウンド終了。

手札がなくなったプレイヤーはまず相手プレイヤーの残った手札とワイルドカードの枚数×5点を得ます。
次にその残りのカードと、ハギスをすべて受け取り、ゲーム中で獲得したカードと合わせてカードに書かれている点数を得ます。

点数は、3・5・7・9のカードが1点、ジャックが2点、クイーン3点、キング5点となっていて、他のカードは点数になりません。

また、負けたプレイヤーもゲーム中に得たカードの点数は貰えます。

これを繰り返し、今回は250点に先に達した方の勝ちとしました。

本当は、この他にベットのルールがあるのですが、チップが手元になく得点計算が煩雑になりそうだったので今回は端折り。

最初akiさんの手札が悪かったらしく、いきなり60点くらい差がつきご不満顔w

大富豪と違って、このゲーム負け方が非常に重要で、負けるにしてもなるべく手札を無くして負けないと点数差が大変なことになります。
かといって、手札の枚数を減らして接戦に持ち込めば、今度は獲得したカードの点数のウェイトが大きくなるので、ただ減らせば良い状況ではなくなってくるという。

なんという難しさ。

とはいえ、手札の運もあるので初心者でも十分楽しめるゲームではあります。

結局、2人ともなんとなくコツをつかんだ結果、なんと1点差で負けるという悔しい展開にw

これは、旅先などに持っていけばいくらでも時間潰せるゲームですね。
大富豪やるくらいならこちらオススメです。

ところで、自分の地域は「大富豪」ではなく「大貧民」だったのですが、どちらが主流なんでしょうか?w

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは


 
関連記事

まっとうなギャンブラーの集い【ベガス】

昨日に引き続きこのゲームもリピートゲーム。
もうどこのゲーム会でも見かけるお馴染みの「ベガス」です。

▼ベガス ★★★★
(Vegas)
版元:Ravensburger
作者:Rüdiger Dorn
DSC_1169.jpg


なんか説明は不要な気がしますがw

まず最初に、プレイヤーは各自同色の8つのダイスを受けとります。

次に、スタートプレイヤーを決めた後、場に出ているダイスの目に対応するボードに、得点となるお金(紙幣)を1ボードにつき$50,000を超えるまでオープンして置いて行きます。

ここでゲームスタート。

プレイヤーは手番が来たら自分が持っているダイスを全て振り、出目を数字別に分けて、目の出た好きな数字1種類を全て、対応するボードの上に乗せます。パスは出来ません。

これを繰り返し、全員が全てのダイスを置ききったところで1ラウンド終了。

それぞれのボード上に最も多くのダイスを置いているプレイヤーが、そのボードに置かれたお金を受け取ります。

ボードにお金が複数置かれている場合は、ダイスを多く置いているプレイヤーから順に大きい金額を獲得していきます。

複数のプレイヤー間でボード上のダイスの数が同じだった場合は、双方とも除外されてしまい、お金はもらえません。これがこのゲーム最大のミソ。

ダイスは有限なので、いかに少ないダイスで効率よく、バッティングしないようにダイスを置いていくかの勝負となります。

何回もこのゲームをやっていますが、チキンな自分はどうしてもダイスを小出しにして様子見してしまうのですが、このやり方で今まで一度も勝てた試しが無くw

ある程度の思い切りを持って多めにダイスを置く人の方が遥かに堅実で強かったりします。

今回も、小出し戦法(というかこれしか怖くてできないw)で結局3位でした。

このゲームの面白さは、前述した「バッティング」の熱さで、時折現れる「バッティングファンタジスタ」が場を盛り上げますw

今回も、ダイス4つ見事に同じ目そろえて、自分の奇跡のバッティングで自分の得点を失ったプレイヤーがw

「一番ありえないだろ!」って目がたまに出るので面白いです。

また、バリアントとして4人以下の場合は余ったダイスから2個ずつ各プレイヤーに分配し、そのダイスはNPCとして扱うルールがあります。

これがまた熱くて、自分で自分の首を絞めることもあれば、他のプレイヤーへの嫌がらせも大いに可能。最後の最後まで結果が見えない展開に手に汗握ることうけあいです。

昨年のドイツ年間ゲーム大賞にて惜しくも大賞を逃しましたが、間違いなく定番になり得る(既になっている)ゲームです。

でもまあ、確かに、これが年間ゲーム大賞と言われればどうかとも思うので、2番手(3番手?)に甘んじたとは言え、この評価がまた、このゲームにとっては良かったのではないかとw

それより、なんで「LAS VEGAS」にタイトルを変えたんでしょうね?謎!

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした

ではでは


関連記事

インチキ霊媒師決定戦!【ディヴィナーレ 倫敦の霊媒師】

今日は「ディヴィナーレ:倫敦の霊媒師」です。

既に十数回はプレイしておりますが、先日「まんまる」にお邪魔した際に久しぶりにプレイしました。
思えば、初めてプレイしたのも「まんまる」でしたね。

▼ディヴィナーレ:倫敦の霊媒師 ★★★★
(Divinare)
版元:Asmodee
作者:Divinare
DSC_1170.jpg

このゲームは、プレイヤーが「霊媒師」となって、4種類あるカード「太陽」「茶殻」「水晶」「手相」が場に何枚あるかを当てるゲームです。

カードはそれぞれ「太陽」は12枚、「茶殻」は10枚、「水晶」は8枚、「手相」は6枚、合計36枚あり、まずゲームの最初にその中からランダムに12枚除外します。この12枚は何が除外されたかもちろん分かりません。

残った24枚を各プレイヤーに均等に分配しゲームスタートです。
今回は4人プレイだったので、各プレイヤー6枚でスタート。

まず行うことは、全員手札を確認しその内半分を右隣のプレイヤーへ渡します。これで初期手札の6枚に加え3枚、合計9枚の情報を得ることができます。

スタートプレイヤーから順番に、手札のカードを場にオープンし、カードの絵柄に対応したボード上にある自分のキャラクターのシンボルトークンを、「そのカードが場に何枚出るか予想」して、予想した数のマスに移動します。

移動はマストで、ひとつのマス(数字)には1プレイヤーしか入れません。

これを繰り返していき、手札が4枚になった時点と2枚になった時点で最初と同じように手札の半分を右隣に渡すドラフトが行われ、全てのプレイヤーが手札を全てオープンしたら1ラウンド終了、予想した数が的中していたら+3点、ニアピンで+1点、予想数が2以上離れていたら-1点の宝石を受け取ります。

外すとマイナスなので、キャラクタートークンを動かして予想をする際に予想放棄(初期位置へ戻す)ことも可能。
ただし、必ず移動させなくてはならないため、予め初期位置にトークンがあった場合は何かしらの数字のマスへ移動させなくてはなりません。この辺りが結構熱いw

これをプレイヤー人数分のラウンドを行い、終了した時点で得点が一番多い人の勝ち。

実はこのゲーム、ちょっとしたコツがあります。

「手相」もしくは「水晶」、要は数の少ないカードの情報をなるべく一人で抱えると非常に有利です。

数の多いカードはどうしても分散するため、情報が把握しきれません。
逆に数の小さいカードを常に握っていれば、そのカードの情報はもちろん、残りのカードの枚数も少しずつ見えてきます。

あとはあまり手広く予想をしないということでしょうか?
手広く予想すると当たったときのリターンは大きいですが、前述した戦法を誰かが行っていた場合、一番リスクの低い枚数の少ないカード予想についてあまり良い位置取りが出来ないので、非常に安定しません。

今回は、ちょっと冒険しすぎてプラスも抑えめ、普段なら取らないマイナスも-3点取ってしまい3位。残念。

あと、このゲーム同点の際の順位処理についてルールに記載がないので、私はハウスルールとして同点だった場合-1点の宝石が少ない方の勝ちを提案しています。
せっかく-1点のトークンがあるので、使わない手はないだろうとw

悩みどころあり、考えどころあり、アタック要素ありとお手軽な割に非常に良いゲームだと思います。
時間も30分程度で終わるのでオススメです。

是非、予想を的中させて立派な霊媒師になってください!

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは
 
関連記事

カタツムリ大奮闘【ごちそう畑】

昨日に続いて、みずるさんの持ち込みゲーム。
セレクタ社の「ごちそう畑」をプレイ。

▼ごちそう畑 ★★★★
(Curli Kuller)
版元:Selecta Spielzeug
作者:Marco Teubner
DSC_1160.jpg

まず、適当なプレイスペースを確保して柵で囲った後、柵の中に4色ある野菜?をランダムに並べ、中心に案山子をおきます。

次に、各プレイヤーはそれぞれ色の異なる「カタツムリ」のマーカー1個と、プレイ位置を決めるチップを受け取ります。

チップには案山子の顔や手といった体の一部が描かれており、プレイヤーはその絵の指し示す位置へ移動し、そこがプレイヤーのスタートエリアとなります。

プレイヤーは自分の手番が来たら、最初に受け取ったカタツムリのマーカーを転がして柵内の野菜を倒します。

倒れた野菜は全て柵内から除外となるので、上手く野菜を倒して、柵内の「自分が使っているカタツムリと同じ色の野菜」を全て除外すれば勝利です。

ただし、倒した野菜は色に関わらず全て除外されてしまうので、他のプレイヤーの色の野菜を倒してしまうと手助けすることになってしまいますのでご注意!

まあ、版元が「セレクタ社」ってところからもわかるように、子供向けのアクションゲームなのですが、これが非常に面白い!

普段あまり子供向けのゲームを心から「面白い」と思うことはないのですが、これはかなり痺れました。
流石、2009年のドイツ年間ゲーム大賞キッズ部門にノミネートされたことはあります。

野菜はランダムに群生しているので、他のプレイヤーの野菜を避けて上手く自分の野菜だけ倒そうと照準を定めるところから勝負が始まるわけですが、この照準合わせがピッタリ合って狙い通りの野菜を倒したときのアドレナリン量はかなり高いかと。

いちおう、カタツムリをブレなく転がすための道具があって、これを使うと比較的まっすぐ転がるのですが、これがまた器具の傾斜を調節して威力を増減したり、少し斜めに傾けてカーブを狙ったりと、大人な遊び方も出来て非常に秀逸です。

そして、何が面白いって、自分このゲーム得意ですw

一緒にプレイしたポヵポヵさんはなかなか狙い通りにカタツムリが転がってくれず、スカスカと外してしまっている横で、狙った獲物は必ず仕留めるスナイパー的な正確ショットで自分の色の野菜だけスナイプしていく私。

楽しくて、勢いあまって2回プレイしてしまいましたw

ちょっとお高いですが間違いなくオススメです。
盛り上がること間違いないかと!

多少広めのスペースが必要になるのが玉にキズですがw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは

関連記事

単純だけど奥深い?【カラー・ポップ】

先日のゲーム会で、ちょっと時間が空いた隙にみずるさんが持ち込んでくれた「カラー・ポップ」をプレイ。

▼カラー・ポップ ★★★
(Colorpop)
版元:Lautapelit.fi
作者:Lionel Borg
DSC_1161.jpg

押し込むと抜けるようになっているランダムにはめ込まれた「黄」「緑」「オレンジ」「紫」「青」の5色の円形のチップを、スタートプレイヤーから順番に一箇所ずつ抜いていきます。

ただし、抜いてよいのはタテヨコで2つ以上同じ色が並んでいるチップのみで、並んでいるものは全て抜かなくてはなりません。

チップを抜く際に「白」はオールマイティーなのでどの色とカウントしてもOK。

これを繰り返していき、「白」以外のいずれかの色が無くなるか、もう抜けるチップがなくなった時点でゲーム終了。

盤状に何色のチップが一番少ないかを確認し、一番少なかったチップの色がスタート時に各プレイヤーへ配られるお題チップ(非公開情報)と同じ色だったプレイヤーの勝利となります。

このゲームの面白いところは、同点であった場合の勝敗判定で

「他のプレイヤーにより多くお題チップを抜いてもらったプレイヤーの勝ち」

というルールがあり、自分のお題が何色か悟られないように立ち回ることも重要であるという点。

若干のブラフ要素があるんですね。

ただ、私はこのブラフをかけるために、自分の色以外を率先して抜きすぎたため、結局自分の色が減らずに普通にまけw

ガッツリ自分の色を抜きまくったプレイヤーが普通に勝っていましたww

▼投了図
DSC_1162.jpg

お手軽で考えどころもあり、楽しいゲームですが、ちょっとアッサリし過ぎていて物足りない面も?
ただ、大人も子供も楽しめる良いゲームだとは思うので、ゲーム会では重宝しそう。

調べてみたら昨年発売の新作なので、国内では見かけませんが(例によって書泉で見たような気もしますが)ドイツから取り寄せてみようかすら?円が安くなってきているので3,000円弱くらいでした。

そんな感じで、今回も「どうでもいい話」でした。

ではでは
 
関連記事

町工場の苦悩【コンテナ】

国内ではかなり高騰していますが、日本の市場を離れ外国人とやりとりし、若干お安めに新品が手に入りそうなコンテナ(成立後に支払先を問い合わせてから連絡がまだないのが気になりますがw)

出来ればプレイしてから最終的な判断がしたいなぁ~と思っていたのですが、先日、ゲーム会「まんまる」にお邪魔した際に、HTPさんとラン子さんにお付き合いいただきプレイすることが出来ました。

▼コンテナ ★★★☆
(Container)
版元:Valley Games, Inc.
作者:Franz-Benno Delonge
DSC_1167.jpg


経済ゲームなので、お金を一番稼いだ人が勝ちです。
わかりやすい。

スタートプレイヤーを決め、時計まわりの順番でプレイヤーは下記の中から2つを選んで(商品の生産以外は複数回選んでも良い)アクションを実行します。

1.商品を生産をする
2.他のプレイヤーが生産した商品を買う
3.工場もしくは倉庫を建てる
4.航海する



生産は右隣のプレイヤーに1ドル支払って、工場の色に対応する商品を生産できます。
ただし、生産商品を持てる上限は工場の数×2個までです。

買い付けは、他のプレイヤーが作った商品を提示された料金を支払って、倉庫1棟につき1個まで港のスペースに陳列することができます。この時、自分で生産した商品は買い付けできません。

工場と倉庫の建築は、生産能力の向上や商品を多く確保しておくために必要。2棟目、3棟目と値段が上がっていくので、設備投資はかなり資金を圧迫します。

航海については、まず船の航行場所が「他のプレイヤーの港」「外海」「島」3か所あり、それぞれに移動するごとに1アクション消費します。移動する際、港から島、島から港、港から他の港への移動には必ず外海を通る必要があります。

航行によって他のプレイヤーの港へ寄港すると、そのプレイヤーが港に並べている商品を、提示された金額を払うことで船に載せることができます。ただし、自分の港へは寄港できないため、自分の港にある商品は船に載せることはできません。

島へ寄港すると競売が始まり、一斉入札で積み荷の競りが始まります。
寄港したプレイヤーは、他のプレイヤーが提示した金額で最も高い金額を採択して高い金額を提示したプレイヤーへ商品を売ってお金をプレイヤーから、更に同額のお金を銀行から受け取るか、もしくは商品を売らずに、提示された金額と同額で買い取るかを決めます。

この「島」に納められた荷物が最後に高得点となるため、得点を見越して商品を買い付けることが重要です。

ゲームは、商品の生産時に、5色ある商品のうち2色が枯れたら、枯らしたプレイヤーの手番が終り次第終了。
それぞれのプレイヤーに最初に配られるお題カード(どの色の商品が決算で何点になるか書かれているカード)に書かれている1個あたりの金額を参照し、島の自分のエリアに置かれた商品を換金します。

あと、このゲームには「借金」のシステムがあって、自分の手番であれば10ドル1口で借金ができます。
ただし、借金をすると、毎ターン手番が回ってきた際に、手番の最初に1口につき1ドル払わなければなりません。
結構な利息……

みんな初プレイということで、とりあえず倉庫2棟と工場1棟建てつつ、ラン子さんと自分は生産と買付を順調に数ターン行っていた折、HTPさんがいきなり借金をして3つ目の工場と続けて4つ目の倉庫購入。

え?もう借金?!

と驚く二人を尻目に自慢げなHTPさん。
あれ?確かこのゲームのインストで「借金は怖いからしちゃダメって学べるゲームです」って言っていたような??

そんな疑問もちらほらよぎりつつ、プレイを続けていると、なんともHTPさんの顔が渋い。
よくみたら、HTPさんが生産した商品が全く売れず、不良在庫化している……

当然、生産品が売れなければ収入もなく苦しい模様。
商品を買い付けて島に運んでも、最低落札価格しかつかずにこちらも苦い顔。

HTPさん「なんで1個4ドルで買った商品が2個で2ドルになっちゃうのよ!」

たぶん、自ら買い取れば美味しいのでしょうが、資金が欲しかったHTPさんは売却して日銭を稼ぐ毎日w
結局、最初の設備投資で作った借金が尾を引いて、最終的に40ドルの借金をしたHTPさんは、最後数ターン何もできない感じでした……なんという厳しいゲーム
※借金は一度に20ドルまでしかできないルールとのことです。これはプレイミスでした。

本人曰く「これはダメな工場長を再現してしまった」とのこと。確かに膨れ上がる借金をどうしようもできない感がそんな感じでしたw

このゲームの借金は恐ろしいですね。人数が少ないと余計に返すあてのない借金になってしまうので、序盤に抱えると無理ゲーになります。

結局、勝ったのは着実に商品を島に運んだラン子さん、11点差で自分が2位でした。


いや、これは楽しい。

まったく運の要素なし。設備投資すれば、場にあるお金の総数が減り、誰かが島で商品を売却しない限り増えることがないため、みんな売り惜しみしているとプレイヤー全体でお金がカツカツになり、そこでいかに借金せずに頑張るかというチキンレース的な様相も出てきたりw

ちょっと航海の処理が混乱しがちですが、アクション自体はシンプルで難しいことも無いので誰でも楽しく遊べると思います。

ただ、ちょっとプレイ時間は長いかな?
その点がネックかと。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは
 
関連記事

貴族は仮面舞踏会がお好き【チューダーの薔薇】

邦題は「チューダーの薔薇」ですが、原題が「Noblemen」貴族という意味のようで。
どこからチューダーやら薔薇やらが出てきたのかちょっと不思議ですが(ルールブックのフレーバーテキストを読み込んだらあるのかな?)

「貴族」とストレートな邦題にするよりは、そこはかとないセンスを感じなくも無い「チューダーの薔薇」

半身内なゲーム会でごり押し投入してみましたw

▼チューダーの薔薇 ★★★☆
(Noblemen)
版元:Pegasus Spiele
作者:Dwight Sullivan
DSC_1164.jpg

10フェイズからなるラウンドを3ラウンド(1ラウンドを「十年期」と呼ぶので、1フェイズは1年?)を行い、最も勝利点を稼いだプレイヤーの勝ちとなるゲーム。

手番で行えることは、土地の拡大、建設、徴税、接収、賄賂、寄贈、休息(パス)のうちのいづれか1つ。

土地は拡大すれば収入があったり、タイル(土地)がもらえたり、後にある仮面舞踏会に有利になったり。
建設で得た建物は勝利点をもたらすものや、やはり仮面舞踏会を有利にしたり……とかなり「仮面舞踏会」が重要なファクターであることが伺える頻度で、仮面舞踏会に関わる項目がチラホラと。

仮面舞踏会は、十年期(1ラウンド)に2回あり、仮面舞踏会開催フェイズに多くの噴水広場や、宮殿(建物)はたまた賄賂や醜聞を費やすことで爵位が与えられ、高位の爵位は即ち勝利点が貰えるほかに、建物を建てる際のコストを安くしたりと恩恵をもたらします。

あと、このゲームで面白いのが「女王マーカー」の存在。

女王はまずスタートプレイヤーの右隣に与えられ、時計回りに各プレイヤーがプレイした後、女王マーカーを持っているプレイヤーの手番が終了したとき1フェイズが終わります。

なんか普通に聞こえるかもしれませんが、この女王は気まぐれで新しい物好きw
プレイヤー手番中に宮殿を建てたり、噴水広場を完成させたりすると、条件を満たしたプレイヤーの元へと移動してしまいます。

つまり、自分の手番が回ってくるまえに女王の移動があると、そのフェイズは手番が回ってくること無く終了してしまうんです。

「賄賂工作(賄賂カードの購入)を十分にしてから仮面舞踏会だ!」

なんて思っていても、女王がアッサリ移動して、準備の整わないまま仮面舞踏会に臨んで惨敗したりもしばしば。

今回のプレイを振り返ると、初心者用のルールで、初期の所持タイル(土地)12枚を均等に同じものを配ったため、初期の差こそなかったものの、私は森がなかなか引けずにタイル調達が難しく、その代わり噴水と平原が多めだったので、ひたすら仮面舞踏会での爵位取得と、建物による勝利点獲得を狙って立ち回り、なんとか1位でゴールすることが出来ました。

途中、装飾を他のプレイヤーが建てはじめたり、建物自体の建設戸数も追い上げられたり危ない面もありましたが、逃げ切った形です。

公称プレイ時間が75~120分と長いゲームでしたが、4人プレイでインスト込みで2時間かからないくらいでした。ゲーム自体は1時間半弱くらい。

女王の移動でフェイズが進むので、結構サクサク進みますし、そのお陰で「手番足りないよ!」というイメージが非常に大きくなるため、感覚的にもプレイ時間が短いような気がします。

これはもう一回やりたい……

アートワークの濃さも個人的に素敵ですしw

所持タイルやお金は非公開情報なため、衝立がありますが、この衝立も非常に大きくて使いやすいうえに、絵が濃くて素敵w

▼ついたてー
DSC_1165.jpg

タイルを使った箱庭的ビルドもあれば、キーフラワーに似た、でもキーフラワーほど過剰にならない適度な他人の土地への干渉もあり。

実は購入する際に「キーフラワーより面白いですよ」というセールストークをされたのですが(ちなみにキーフラワーを店内で見ていた等はないw)
完全に好みの問題ですが、確かにキーフラワーより圧倒的に自分好みなゲームでした。

ちょっとお高い&たぶんコンポーネントを開梱するまえは、2.5kgくらい重量のあるいろいろな意味で「重いゲーム」ですが、プレイしてみれば難しいことはあまりないので、初心者にもオススメできる重ゲーかなと思いました。

そんな感じで、本日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。



 
関連記事

地球上で最も幸せな国【バヌアツ】

昨年、長らく品切れで手に入らない状況が続いていたバヌアツですが、エッセンシュピールを機に流通するようになったため、現地で購入して寝かせていたところ、ようやくプレイ機会があったので展開しました。

▼バヌアツ ★★★☆
(Vanuatu)
版元:Huch & Friends
作者:Alain Epron
DSC_1157.jpg

バヌアツ諸島には、人が住む島と、魚や財宝の眠る海が広がっています。
プレイヤーは5つのワーカーを受け取り、スタートプレイヤーから2つずつ(最後は1個ずつ)順番に、移動や漁、売買、宝探し、観光者誘致などのアクションに割り振り、全員がすべてのワーカーを割り振ったらアクション開始。

アクションもスタートプレイヤーから実行するのですが、実行するためには各アクションに一番多くワーカーを割り振っていなければ実行できません。(同数の場合はスタートプレイヤーに近い方が優先)

ワーカーはアクションが実行されると、実行したプレイヤーのものは取り除かれるため、同じアクションにワーカーを割り振った次点のプレイヤーがアクションを実行できるように。

実行できるアクションがない場合は、任意のアクションに配置したワーカーを回収しなければならないため、実質アクションが実行できず、配置が悪いと1ラウンド何もできないこともあります。
こういったアクションの実行を手助けしたり、実行したアクションの効果をアップするキャラクターカードもあり、これはラウンドの最初に各プレイヤーが1枚選んで、1ラウンドに1回使えます。

8ラウンド繰り返して最も勝利点を得たプレイヤーの勝利。

とにかく、アクションの実行が難しい。
各プレイヤーがどのようにワーカーを配置するか考えるのは勿論ですが、そのアクションの実行順も重要で、なかなかアクションが思い通りに実行できません。

自分はいきなり1ラウンド目に読み間違えて何も実行できずに終了。
実行できてもなかなか点も稼げず。

結局、一回も漁ができなけば、財宝もゲットできませんでした(汗)

圧倒的ビリw

アクションシステムの斬新さとアートワークの美しさ、リソースのカツカツ感。なるほど良いゲーム。
ただ、自分は非常に苦手なゲーム(勝てないという意味で)でした(笑)

初回で勘所を掴むのが難しそうで、そういう意味で敷居は高め。
なんとなくわかってきたので、もう一回やりたいですね。またボロ負けしそうですが(汗)

あと、このゲームのパッケージにも描かれている「砂絵」、アクションで描くアクションがあって勝利点が得られます。なんで砂絵なのかと思いましたが、バヌアツの砂絵は世界無形文化遺産なんですね。勉強になります。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


関連記事

ツォルキンの人

今年のゲーム賞を総舐めにしてくれるんじゃないかと期待をしているツォルキンですが、勢い余って2個目の購入をしました。

▼マルチプルボードゲーム
DSC_1153.jpg

このツォルキンですが、ボードに大きなギアが配されもちろん回すわけですが、その回す際にボードのジョイント部分がギアに引っかかりやすく、痛んでしまうんです。

補強している方もいて、自分もなんとか出来ないかと考えた結果、ハリパネしてしまえという結論にw

ただ、一個しかないものを加工するのもアレなんで、もう一個確保しました。
既存のものは、箱も少しゆがんでいて劣化が見られますが、流石新しい方は箱も綺麗でハリのあるピチピチさんです。
まあ、そんな感じでいざハリパネしようかと思ったら、買ってきたA2のパネルでは大きさが足りず……

ハリパネを考えている方は、B2以上のパネルを買ってきましょうw

最近の日課は、GEEKでツォルキンの順位が上がっているかチェックすることw
本当にツォルキンツォルキン言いすぎているので、そのうち「ああ、ツォルキンの人」とか言われないか心配です。

ということで、本当にどうしようもなく「どうでもいい話」でした。

ではでは

関連記事

今までと、今から(怪しい自己啓発セミナーではありませんw)

「自己啓発セミナーの宣伝をボードゲームコミュニティのイベントにいくつも作るの止めて欲しい」と常日頃より思っていても口に出せない小心者なワタクシです。こんにちは。

さて、怪しいタイトルで始めましたが、なんてことはない、自分がこのボードゲームをプレイするようになったキッカケなどの話と、そのキッカケがゴニョゴニョって話です。

正に「今までと、今から」(笑)

自分が初めてやったボードゲームは「ブラフ」でした。一昨年の震災の少し前ですかね?
これが結構面白く。

今にしてみれば確かに初心者に進めるには良いゲームだったなぁと、さすが大賞作品。
とはいえ、あまり興味が無かったので自分のなかではかなり敷居が高かったのですが、プレイをはじめたら確かにあった心の壁はすんなりと取り払われていました。

それでも、まだドップリというわけではなく、ブラフがいくらするゲームなのか調べたら4,000円もしたので(当時ゲームに4,000円払うなんて考えがサラサラなかったので)以降、頻繁に遊ぶわけではありませんでした。

結局モンハンをかなりプレイしていたのですが、間もなく震災があり、節電の風潮になったためボードゲームをプレイする機会が増えました。

その頃にプレイしていたのは主にドミニオン。定番ですね。今でも拡張ちゃんと買ってます。

それはそれで面白かったのですが、逆にドミニオン以外のゲームにあまり興味が行かないようになりました。
ドミニオンだけあればいいかな~って。

そんな中、出会ったのが「キャメロットを覆う影」で、これを7人フルで遊んでみたところ非常に楽しく、かつ、またこれが勝てないゲームなので非常に悔しくw

その魅力に感銘を受け、もちろん購入と共に他のゲームにも目が行くようになり始め、とうとう「調布のあな」という、ただ「キャメロットを覆う影をやりたい」という想いだけでゲーム会を始めるようになりました。

最近プレイできていないのが残念です。本当に好きなゲーム。7人居たら絶対やりたいゲームw


まあ、ここでひと段落つくわけですが、実は先日「好きなゲームデザイナーは?」と訊かれて、迷わず「シャハト」と答えたのです。

ブラフのボーグでもなく、キャメロットのカタラでもなく、もちろんバッカリーノでもなくw

じゃあなんで「シャハト」なのかと言えば、ゲームをたくさん買うキッカケは間違いなく「王と枢機卿」なんですね。

王と枢機卿に出会うまでは、古典(と言うには新しいですが)には興味が無く、現状手に入るものの中で遊んでいました。要はプレミアがつくような「名作」は興味はあっても「欲しい」というレベルには達していなかったんです。

そんな中、王と枢機卿をプレイし、その面白さにドップリハマりました。初プレイが3人であったのも今にして思えば良かったのだと思います。

クレオパトラの鼻があと数センチ低ければ歴史が変わっていたと言われるように、王と枢機卿の初プレイが4人や5人であったらきっと違う道をたどっていたに違いありませんw

すぐヤフオクで検索し、当時中古品を4700円で落札しました。これがボードゲームとして初の落札。

気が付けば、いま手元のゲームは350個となりました(笑)

ゲームを知ったキッカケは「ブラフ」
ケーム会を開いたキッカケは「キャメロットを覆う影」
ゲームを集めるキッカケは「王と枢機卿」

シャハトも多作なので、良いものも悪い物もありますが、総じてゲーム自体はシンプルで非常に解り易いところが好きです(反して決算が難しかったりしますがw)

で、そのシャハトが一体なんなんだ?ということなんですけども
この「シャハトが好き」発言をしたところ、こんなプレゼントが……

▼?!
DSC_1146.jpg

シャハトのサイン入りコロレットー!
貰ってしまいました(汗)

エッセン行ったんだから自分で貰ってこいよって話なんですが(笑)
そんな余裕も時間も無く、デザイナーさんにサイン貰う作戦をすっかり忘れていました。

本当にありがたく、ただありがたくいただくのみ。
嬉しくもあり、不甲斐なくもありw

次回、エッセンに行く際はちゃんとサイン貰うためにゲームを用意して行きたいと思いますw

そんな感じで、本当に「どうでもいい話」でした。

ではでは
 

 
関連記事

豚って実はキレイ好きなんだぜ?【キレイがきらい】

最近、軽いゲームばかりではありますが、実際は重いゲームが大好きです。
その大好きベクトルが「ツォルキン」や「テラミスティカ」といった毎回同じものに向けられてしまうため、日記は別の軽いゲームが主流になりつつあります(笑)

さて、もうお正月の話になりますが、これも頒布会のゲーム「キレイがきらい」をakiさんと2人プレイしました。

▼キレイがきらい ★★☆
(Drecksau)
版元:Kosumos
作者:Frank Bebenroth
DSC_1130.jpg

2人プレイだったので、子豚カードを綺麗な面を表にして各自の5枚ならべ(3~4人プレイ時は確か3枚)プレイヤーはアイテムカードを3枚受け取ります。残ったアイテムカードは山札に。

アイテムカードは手番にプレイすることで自分の子豚を泥だらけにしたり、相手の子豚をキレイにしたり、はたまた、全てのプレイヤーをキレイにする雨のカードや、その雨を凌ぐための小屋のカード、小屋を壊すための雷のカード、小屋の中の子豚を洗えないようにするための立ち入り禁止カードなどがあり色々なアクションが可能です。

アイテムカードは1枚使用したら、その分補充します。手札のアイテムカードをプレイして、自分のキレイな子豚を3匹泥だらけにすれば勝ちです。

非常にシンプル。そして、なんというかこの「泥だらけにしたら勝ち」というコンセプトが面白い(笑)

手札は3枚しか無いので、結構運の要素が高く、思うように相手を妨害するカードが来ないと、アッサリ泥だらけにされて終了してしまうことも。

aki「ひどい!泥だらけにするカードもなければ、相手をキレイにするカードも来ない!w」

そんなakiさんにモウシワケナイキモチデイッパイデシタが、サクッと勝たせていただきました。

これも、手札の運要素あるゆえに、多人数である程度カードが場に出る方が恐らく楽しいのかなと思います。
重いゲームも楽しいですが、手軽なゲームでイジ……遊ぶのも楽しいですね!

簡単なゲームほど、負けると悔しかったりしませんか?
ホントウニスイマセン。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは
 


 
関連記事

正にスピード【ピラニア】

先日「ワンピース FILM Z」を観に行った際、開場待ちに適当なゲームはないかと言うことで、いくつか持参した軽めのモノからチョイスして遊んだのがこの「ピラニア」

以前、メビウスさんの頒布会で届いて未プレイだったので丁度良いなと。

▼ピラニア ★★☆
(Piranhas)
版元:Kosumos
作者:Reiner Knizia
DSC_1147.jpg

正直、本当に「スピード」のようなゲームなので、プレイ中の写真は撮れずw これは1戦終わったあとの写真です。

ゲームは、3匹の魚の書かれたカードと、ピラニアの群れが書かれたカードをよくシャッフルして、「裏のまま」まず1枚「お題カード」としてテーブルの中央に置き、次に残ったカードを均等になるようにプレイヤーに配ります。

配られたカードも「裏のまま」です。表面を見てはいけません。

カードを配り終えたら、中央の「お題カード」をオープンし、よーいドン!で全てのプレイヤーがカードをプレイしていきます。

カードをプレイするためには、手札のカードに書かれた3匹の魚のいずれかが、お題カードに書かれた同じ色の魚より大きくなければなりません。見事プレイ出来た際は、そのプレイされたカードが次のお題カードになります。

手札は上から1枚ずつしか確認できず、もし確認したカードがプレイ出来ない場合は捨て札として新しいカードを確認しても良いですし、自分のカードが出せるようになるまで少し待っても構いません。

こうして手札が無くなったら、捨て札にしたカードをそのまま裏返して再度手札とし、同じように繰り返します。
最初に手札、捨て札共に無くなったプレイヤーの勝利です。

ピラニアのカードは、ピラニアと同じ色の魚がお題カード無い場合に出せます。また、ピラニアの上にはピラニアと同じ色の魚が居ないカードであれば同じように出すことができます。

このゲーム、カードを出すとき「赤の魚!」とか「ピラニア!」「新しい魚!」といった具合に、自分の出すカードを必ず宣言しなくてはいけないので、些細なことですが普通のスピードの黙々とした雰囲気よりは、ちょっと賑やかです。

また、普通のスピードほど運の要素が無いので(出せないカードはディスカードして回せるため)2人でやったら結構な接戦でした。そういう風にデザインできているのかも?

単純なゲームだけに、1枚差で負けたakiさんが本当に悔しそうなので、結局3ゲームやって2勝1分で終わりました。

箱には20分ゲームとありますが、1ゲーム5分かからないくらいお手軽なので、時間つぶしには最適です。
普通のスピードよりは是非こちらを遊んでみてくださいw

といういことで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは



 
関連記事

なんでお店で買うの?

昨日、すごろくやさんでゲームを物色していると、一緒にいたakiさんに「海外からゲーム買ったりするのに、なんでお店でも買うの?」という質問を受けました。

確かに、結構海外から取り寄せているので、その印象が強くなっているのかな?
でも、まだまだ国内で買う方が多いです。
数えてみたところ、いま丁度所持数が350個となっていますが、海外で買ったゲームは83個でした。この83個にはエッセンで買った中古も含まれていますので、比率的にはまだまだ国内購入が基本。

海外購入は日本で手に入らないものを取り寄せていることが多く、手に入るものについてはなるべく国内のショップで賄うようにしています。
最近は、円安やら送料増やらで海外で買うメリットが薄くなって来ていますし、がんばって海外通販をしようと言う気持ちも減退気味。

あと、やはり内需を拡大しないとプレイ環境が整わないので、国内のショップを応援したい想いが一番強いです。

もちろん、お財布事情にはとっても底の浅い限界がありますので、あまり沢山は買えませんが、出来る限りはw

そんな個人的には熱いソウルフルなお話を店内で2人でコソコソしながら「チューダーの薔薇」を購入して帰宅するのでした。

安売りショップとか、もちろんAmazonとか、競合し大変なこともあるかと思いますが、なんとか生き残り、楽しいゲームを供給して貰いたいです。

なんて……Amazonへのリンクを張っている説得力の無い1ユーザの戯言でしたw

そんな感じで、今日は若干「どうでもいいは 無し」的な「どうでもいい話」でした。

ではでは
 
関連記事

冒険はかくも険しく【ホビットの冒険カードゲーム】

一昨日、メビウスを後にしてakiさんと待ち合わせしていましたが、少し時間があったのでイエサブをチラ観してなんとなく購入した「ホビットの冒険カードゲーム」

本年、ゲームの購入数を100個まで絞りたいという年初の目標を立てたのですが、この「なんとなく購入」がダメなんだろうと反省しきりですw

ちなみに、今年の購入数は現在6個。
ユークロニアとシヴィライゼーションが月末に届く予定で、頒布会もあるかもしれないことを考えると、完全オーバーペースです(汗)

気、気をつけないと……

▼ホビットの冒険カードゲーム ★☆
(The Hobbit Card Game)
版元:Fantasy Flight Games
作者:Martin Wallace
DSC_1143.jpg

akiさんと2人プレイ。
2人プレイはかなりルールが絞られた内容なので、多少3人以上のプレイとはプレイ感が言うかもしれませんが、ルールを読む限りゲームのエッセンスは味わえそうかなと。

簡単なトリックテイキングで(ルールブックに「トリックテイキングとはなんぞや」みたいな記述があって親切w)プレイヤーは順番に一枚ずつ手札をプレイし、カードに書かれた数字が一番大きな人がカードを全部引き取り、引き取ったカードを各プレイヤーへ分配します。

カードには数字の他に、白い星、黒い兜、茶色いパイプのシンボルが描かれているものがあり、悪側であれば白い星が2個、正義側であれば黒い兜が3個、ラウンド終了時に自身のキャラクターカードに積まれているとキャラが死んでしまいます。

2ラウンド行って、悪の陣営は正義の陣営を全滅させれば勝利、正義の陣営は1人でも生き残れば勝利です。

要は2陣営に分かれて戦う協力要素があるんですね。(今回は二人プレイだったのでありませんでしたが)
カードは4色の基本色(赤、青、黄、緑)+1色の高位色(紫)があり、トリックはマストフォロー。
紫は、出せば無条件で勝利となります。(複数人が出した場合は、より数の大きいほうが勝ち)

まあ、やってみるととにかく単純なんですが、カードの分配という要素があるだけで非常になやましい。

2人プレイは、悪1キャラ、正義2キャラでスタートするので、正義側が圧倒的に有利かと思いきや、なかなかうまくカードを得られず。

また、悪側にだけ許された特権で、得たカードをディスカードできる特権があるのがまた良いバランスを保っています。
※獲得カードが2枚で、お互いの陣営1枚ずつ生き残っており、かつ2枚のカードそれぞれに「黒の兜」が描かれている場合、正義の陣営だと自分に敢えて黒の兜を置かざる得なくなる状況など出てきます

akiさんは自分でも言っていましたが「手札が非常に良い」、そして私は「非常に悪い」w

ほとんどカードの分配権利を得られずに惨敗。
再戦したかったのですが、お店の時間切れで終了してしまいましたw

お手軽で5人までプレイできるとあれば、ゲーム会で重宝しそうです。
ゲームもシンプルですが、キャラクターの能力付けなどもあってシンプルになりすぎず、繰り返し楽しめそう。

やっぱり多人数が面白そうなので、次回持ち込んで遊んでみたいと思います。

そんな感じで、今日は「どうでもいい話」でした。

ではでは


関連記事

メビウスさん訪問

昨日、年始のご挨拶もかねてメビウスさんへご挨拶へ。
おやじさんが不在ということで、ママさんお一人で店番をされていました。

▼メビウスさん店内
DSC_1141.jpg

メビウスさんといえば、今年の3月で20周年を迎えるということで、先日20周年パーティーの発表をしたばかり。

▼メビウスおやじさんのブログ
【メビウス20周年パーティー】
http://mobiusoyaji.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20-e1b2.html

なんとクニツィア先生が来日と言うことで、もうその報告で胸が躍りまくりです!
2月初旬ころ詳細が出るかと思いますので、3月の土日はあけておきましょう!w

ママさんとのお話は当然この20周年パーティーを中心に、昔話などをつらつらと。
ニュンベルクが近いということで、その辺りの話も色々聞かせていただきました。

ママさんは本当に話題が豊富で、いつも聞いていて楽しい気持ちになります。
そのせいか、また1時間弱くらい話し込んでしまい遅くまでお邪魔してしまいました。

ご迷惑になっていないか心配ですが(汗)
いつも笑顔で対応してくださり感謝です。

メビウスさんといえば、ママさんの発案で、都内のゲーム会の名刺サイズのフライヤー(?)が置いてあります

▼ゲーム会の宣伝ボード
DSC_1140.jpg

ありがたいことに、「調布のあな」も宣伝していただいてます。
こういった販売のみならず、本当にボードゲームの普及に尽力しようという姿勢に頭が下がります。

自分も、少しでもこの業界の力に慣れればなぁと、そんな気持ちでお店を後にしました。

そんな感じで、本当にただの日記なのでw
もちろん「どうでもいい話」でした。

ではでは
 
関連記事

お主も好き者よのう【すきもの】

アートワークといい、タイトルといい、なんとなく時代背景が江戸時代の悪代官と庄屋のやりとりのようなイメージがあります「すきもの」

初参戦の「街コロ」で一躍、国産ボードゲーム界のスターダムにのし上がった「グランディング」の第三弾作品となれば期待も大きく、ゲームマーケットで即買いしたのですが、やっとプレイすることが出来ました。

▼すきもの ★★★☆
版元:グランディング
作者:?
DSC_1132.jpg

まず、商品のカードを適当に8つに分け、その山の一番上に「山陰道」「東海道」など地域(?)の名称が書かれたカードをおきます。
すなわち、この山札はどの地域にどんな商品が眠っているかを表しているんですね。

プレイヤーはプレイ順を決め、毎ターン初めに五両を受け取った後、順番どおりに順番の書かれた札を場に戻してから1つの地域の山を取っていきます。
全員が山を取ったらヨーイドン!で商品カードを確認し、ボードに示された今回のターンで売ることが出来る商品を探し、手の地のお金の範囲内で購入していきます。

早い者勝ちで、購入が終わった人から山札を場に戻して再度順番札を獲得します。全員が順番札を獲得したら、今度は、順番どおりに買った商品を売っていくのです。

もちろん、商品は無限に売れるわけではなく、1個売られるたびに需要(値段)は下がり、一定の個数売られると売ることすら出来なくなります。ここで売る順番(いかに購入を早く終わらせるか)が効いてくるわけです。
そしてそのためには、ある程度、どこの地域にどんな商品があったかを記憶しておく必要もあります。

これを繰り返し、売却が終わった次点で誰かが五十両を超えていたらゲーム終了となります。

今回はakiさんと二人でプレイ。

akiさんはゲームの流れがよくわかっていなかったらしく、最初、売ることが出来ない商品を買ってしまったり、売ろうと思っていた商品を私に売られて売れなくなってしまったりで、手元の商品が増える一方w

「いやらしいゲームは勝てない」

なんて言われたのですが、このゲーム全然いやらしくないですよ!w

早い者勝ち、記憶したもの勝ちの、トランプのスピードのようなゲームですね。
そこまでせわしないわけではありませんが、商品選ぶときの焦りっぷりは通じるものがあります。

結局「いやらしい」といわれ続け、勝ったのは私。

2人でも十分遊べましたが、やっぱりこれは人数が居た方が楽しそうだなと。

それにしても、グランディングは本当に素晴らしい。
アイディアの独自性から、コンポーネントの作りまで非常にレベルの高い作品です。
若干お値段は張りますが、中身を考えれば納得。

「街コロ」もそうですが、子供から大人まで真に純粋に楽しめるゲームという印象です。


苦言を呈すれば、昨年2012年の国産(同人含む)ゲームには、こういった「全年齢向け」を取り違えて「子供だまし」のようなものだったり、見た目だけで中身が伴っていなかったり、もっと酷いのは箱がスタイリッシュなだけという「ジャケで出オチ」みたいなものが多く、またそんな内容にもかかわらず結構な金額で売っているものが本当に目立ちました。(同人に関してはコストの都合で仕方ない面はありますが)

だからこそ、まじめに「商品」を作るグランディングのようなところが参入してきて、簡単に蹴散らされているのではないでしょうか?

もちろん、まじめに一生懸命作っている作り手さんもいますし、面白いゲームもたくさんありますが「目立つところ」はちょっといただけない印象が強いんですよね。
目立つところこそ頑張って欲しい。あたりまえですが、業界を見渡したときに印象を牽引する部分なんですから。

・ゲームの内容(満足感)
・コンポーネントの内容(見た目)
・コンセプト(誰に売りたいか)
・値段

この4つのバランスが取れて初めてフリーク以外にも買って貰えると思うのです。
どんなにコンポーネントが綺麗でも、5千円も6千円もしたらフリーク以外買いません。
正直2500円でもきっと微妙。その微妙なラインを補うための「見た目」であって、見た目にこだわったから値段を上げるなんて根本的に間違っていると考えています。だって、売っているものは「ゲーム」なんですから……

もちろん「ゲームが面白い」「ゲーム内容に値段に見合った価値がある」という条件は言うまでもありません。

今年のGMは、もっと意欲的な作品がたくさん「目立つといいな」と願っています。


おっと、横道がいい加減長く(汗)

そんなかんじで、横道のお陰で今日は「どうでもいいは、無し」です。
なんか脱線しすぎてしまいました(汗)

ではでは


関連記事

カルカソンヌ大会とか2周年とか

先日、メビウスおやじさんより、つぶやきで今年もカルカソンヌ大会が開催されることが発表されました。

▼メビウスおやじさんのつぶやきはこちら
https://twitter.com/mobiusgamesoyaG/status/288503439351230464

「調布のあな」は昨年、予選会を行いましたが、今年ももちろん開催させていただこうかと!
会場はこれから確保となるわけですが、5月20日(日)あたりを目標に抽選に応募してみました。

ちょっと会場の競争率が高そうなので取れるかは微妙ですが……

昨年はこの大会を勝ち抜いて、日本代表となった方が世界大会で5位の健闘をされました。
ドミニオンといい、カタンといい、日本人は本当にレベルが高いと思います。
昨年の予選時、あまりカルカソンヌの知識がなく最初はプレイを見ていてもその凄さが解らなかったのですが、1試合、2試合と上級者のプレイを観戦する間に、その奥の深さや戦略性に夢中になったのを覚えています。

勢いでカルカソンヌのアプリを買ったのも覚えていますw

観戦だけでも非常に見応えがありますので、調布に限らず機会があれば予選および決勝を覗いてみてはいかがでしょうか?なんて。


で、もうひとつ
カルカソンヌ大会もガッツリやりますが、ちょうど5月で「調布のあな」が2周年(6月より3周年目突入)となるので、この催しも一緒にやってしまおうと(笑)

とはいえ、これといってイベントをやるほどの節目でもないような気もするので、ここはひとつ5月の「調布のあな」は、参加費無料で実施したいと思っています。
もちろん、カルカソンヌ大会の参加も無料で!

このくらいしか出来ない主宰で申し訳ない(汗)

なるべく大きな部屋が確保できるように頑張りますので、是非遊びにいらしていただければ。
お待ちしております~

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。
いや、カルカソンヌ大会はどうでもよくないか?w

ではでは




関連記事

拝啓 ランドルフ様

毎年2月に開催される「ニュンベルク国際玩具見本市」
こちらにも世界のボードゲームが集まるらしいのですが、今年は「チャオチャオ(ciao,ciao)」の再販について動きがあると聞いてワクワクしていました。

何気なく、そのあたりの情報を漁ろうとGEEKを覗いてみたら、あるじゃないの情報が!

……と言っても、パッケージのみですがw

▼チャオチャオ新版
pic1486828_md.jpg
※BoardGemeGeekより拝借

ロゴからイラストのテイストまでかなり変更されていますが、チャオチャオっぽさは出てますね。

ランドルフ氏もお亡くなりになられていて、版権の問題があるのか?なかなか再販やリメイクといった動きがなく、ここ1年でオークション等、値段が高騰していましたが、パッケージ情報も出てきたのでそろそろ値段も落ち着くでしょうか?

あ、そういえば、「高騰」関連でお正月にちょっと不謹慎になるかもしれない話をしたのを思い出したので、それはまた次の機会に書きたいと思います。(書くんかい!)


あーニュンベルクも行ってみたいけど、その場でゲーム買えないらしいんですよね。
その情報で断念w


そんなこんなで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは

関連記事

最近、アプリもちょくちょくと

なかなかボードゲームをプレイする時間が確保できないなか、iPadやiPod touch、Androidスマホを利用してボードゲームのアプリをプレイすることも多くなってきました。

最近お気に入りは「サンファン」iPadでプレイしています。
DSC_1092.jpg

プエルトリコもダウンロードしましたが、いくらプレイしても全く勝てず……
DSC_1091.jpg

スマホでプレイも良いですが、やはりiPadのようなタブレット機の方が画面が大きくてプレイアビリティも高く、楽しいです。

結構ダウンロードしたアプリが溜まって来たので、紹介がてら感想など。

■サンファン(iPad)
プレイはサクサク、カードに言語依存がありますが、サンファンをプレイしたことがあれば、英語のテキストで内容が把握できるハズ。解らなくても、建物カードがプレイアブルになるとアイコンが光ったりするので、プレイしているうちにカードの能力が解ります。
CPUが弱いのか、負け知らず。フリークにはCPUは物足りないかも知れません。

■プエルトリコ(iPad)
煩雑な処理がデジタルになるとこうも簡単にサクサクいくのかと実感できるゲーム。
こちらも建物の能力について言語依存が高いですが、並び順がボードゲームのプエルトリコと同じだったりするので、最初見比べてやってもよし。英語も難しくないのでそのままプレイしてもよし。
CPU若干強いです。強いと言うかいやらしい行動を結構とってきます。

■カタン(iPad&Android)
アップルとAndroid両方で出ているのが嬉しい(両方買ってしまいました)
スマホに落とすと画面が小さいのでプレイが若干し難いですが拡大すれば問題ないので慣れのレベル。
CPUの強さは調節できますが、弱いレベルでも3対1(CPU3人がかり)で立ち回られるので非常に厳しい展開になることもしばしば。
理不尽な展開に最近ちょっとプレイ離れ気味w

■カルカソンヌ(Android)
これもアップルとAndroid両方で出ています。とりあえずAndroidのみ購入。
プレイヤーはMAX5人ですが、世界大会仕様の2人プレイが時間つぶしには最適。
残りタイルの確認や、もう埋まる見込みのない場所の表示など親切設計なので、実際にボードゲームをプレイする際とはちょっとプレイ感覚が違ったり(オートでカウンティングしてくれているような感じ)
CPUは非常に弱いので物足りないかも?

■ケルト(iPad)
ちょっと画面が寂しい。元々アートワークで売っているゲームではないので仕方ありませんがw
iPadだと画面サイズを無理やり大きくするため画像が荒くなるのも画面の寂しさを助けているのかも?
CPUが強く、1回も勝てませんw

■ズーロレット(iPad)
画像は可愛いけれど、これもHD版が無いため、iPadだと画像が荒くなるのが残念なところ。
勝利ポイントを溜めると追加要素が購入出来たりと、ちょっとだけオマケ要素があり○
比較的煩雑なプレイ処理が楽なのも○
CPUは強くも無く弱くも無く。勝ったり負けたり良い勝負。

■RA(iPad)
セットアップと得点計算の煩雑さ解消が素晴らしく、サックサクにゲームが進むため1ゲームが非常に短い時間で回すことができます。
言語依存は無ありませんが、ルールについてはタイルの能力や得点方法を理解しておくか、英語の文章を読まないと知らない人には辛いかも?

■ドミニオン(Android)
公式ではなくAndroid専用の「Androminion」が本当に素晴らしい。
無料でしかも日本語化も対応(暗黒時代のみまだ英語)なので、ルールやサプライの能力を知らなくても確認しながらプレイできます。公式に比べると画像が無いため見た目の味気なさはありますが、ゲームのエッセンスはそのままなので問題なし。
更に、別のアプリで「ドミニオンシャッフル」を利用すれば、好きなサプライでプレイすることも可能(暗黒時代は現在未対応)
難を言えば、CPUが非常に弱いことくらい?

■チケット トゥ ライド(iPad)
システム、グラフィック、チュートリアルと非常に手を掛けた作りで、アプリとしては一番出来が良いのでは?
ゲームをやったことが無い人は、ルールブック読むより、このアプリのチュートリアルを遊ぶことをオススメします。もちろん日本語化されています。
エッセンのDays of Wonderのブースでも、このアプリを堂々と展示していましたので、版元としてもかなりの自信作なのかと。
CPUは弱いです。そこだけちょっと残念。

と、こんな感じで、ボードゲームと並行してアプリのダウンロードも着々と増えています。

電車移動中などにもってこいですが、くれぐれも、誰かと会っているときなど、目の前に人がいるのにプレイするような失礼なことはやめましょうw

人と一緒なら、お話したり、ゲームしたり、コミュニケーションを大切に!

そんなこんなで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは
 
関連記事

ビックリするものに値が付く感じ

手前味噌な話ですが、先日はじめて10点くらいわっさわっさとヤフオクにボードゲームを出品してみました。
いままで1~2点出すことは結構ありましたが、10点も数揃えて出すのは初めてです。

年末年始の自分的にはお祭りとして、とりあえず品揃えどうしようかと悩だり。
いつものシャドハンに加え、基本は自分が面白いと思ったゲーム、および国内流通が少ない、もしくは現在流通の無いものを並べてみました。

結構、全て原価割れ覚悟だったのですが、結果的に原価を割れたのはキーハーベストのみ(原価割れといっても送料分くらいの割れ)で、他はビックリするような値段がついたものも。

一番驚いたのは「オレゴン」で、5,000円以上の値が付きました。
まあ、確かに国内ではそのくらいするゲームっちゃゲームですが、人気がどのくらいあるか解らなかったのでちょっと意外。もちろん、自分は面白いと思ったから取り寄せたんですが…ねw

ドイツ語版(ハンス版)は既に絶版となっており、恐らくそこで日本の流通がストップしたのかと思いますが、リオ・グランデがアメリカで現在も流通しているので、取り寄せれば手に入ります。(無駄にハンス版が欲しかった自分は、エッセンで中古を買いましたがw)
リオ版が書泉グランデには売っていたかも?もちろん5,000円では手に入りませんが……

同じく、ザックンパックも思いのほか(と言っても予想より1000円UPくらい)高い値がつきましたが、これもドイツKOSMOSは絶版でも、アメリカではメイフェアが流通していたり。

この辺りが、再度国内でも流通したら、結構需要あるんじゃないかなぁ~とか。


あと「NEXOS」も予想以上の値がついて嬉しかったです。
pic820230_md.jpg
※画像はboardgamegeekより拝借

ブロックスの二番煎じとしてw 全く売れなかったのか?
Winning Movesのボードゲーム撤退に伴い、在庫処分と言わんばかりにエッセンで山積みで売られていましたが、これが非常に良いゲームで、ブロックスとはまた違った戦略(置き方)が必要になるお手軽な陣取りゲームになっています。

今年、大学の学園祭に何件かお邪魔しましたが、必ず置いてありました。ちょっと嬉しい。

布教したかったのですが、絶版と言うことで、とりあえずいくつか押さえて、ルールの和訳が無いので自分で和訳し、世間の評価を確認するべくお試し出品。そもそも入札があるかドキドキでしたが、予想以上に競っていただけて安心(?)しました。

いままで、買う立場からオークションの相場で世間の需要を計っていましたが、今回は出品者側から、需要が気になるゲームを出品して探ってみた感じです。とても楽しかったのですが、出品は大変なので、こんなに大量な出品はもう当分しないと思います(笑)

そんな感じで……と〆ようと思っていたら、棚から中古のクランスがもう1個出て来て出品するか悩み中w

そんなこんなで、今日も超絶「どうでもいい話」でした。

ではでは
 
関連記事

第26回 調布のあな

一昨年より毎月行っているオープンゲーム会「調布のあな」ですが、新年1発目は1月5日の土曜日に開催いたしました。

今回遊ばれたのは、38種類41ゲーム。
参加者は直前まで6人とかで推移していましたが、直近2日でモリモリと増え、最終的には27人の方にご参加いただけました。

▼プレイゲーム一覧
DSC_1135.jpg

・どろんこパーティー
・すきもの
・ドレトルダイス
・ウィ・ウィル・ウォック・ユー×2
・ごきぶりキング
・アーバニゼーション
・ツォルキン
・カッラーラ×3
・オドヴィル
・スネークレイク
・ファブフィブ
・ハゲタカのえじき
・グレートジンバブエ
・蟻の国
・チケット トゥ ライド アジア
・コンテナ
・テネリフェ
・銀杏都市
・ボーナンザダイス
・カルカソンヌ メイフラワー号
・貸モッツァ
・ホビットの冒険カードゲーム
・ババンク
・ネズミのパティシェ
・ドミニオン
・海賊組合
・テラミスティカ
・十二季節の魔法使い
・四目並べ
・ブラフ
・フリート
・セット!
・プラス4
・王宮の歩き方
・街コロ
・お先にしつれいしま~す!
・さいころふって
・ゴキブリポーカー

重いゲームから軽いゲームまで遊ばれている感じですが、かなり重いゲーム中心に回っていました。
故に、卓からあぶれてしまう方も居て申し訳なく(汗)

自分もツォルキンとテラミスティカのプレイに入ってしまい、対応が全くできていませんでした。
これは猛省です。ホスト役が特に今回自分だけだったので、プレイはまずかったですね(汗)

でも、どうしても「ハーフリング」の限界に挑戦したくなってしまい、誘惑に負けてしまったのです……
DSC_1133.jpg


テラミスティカは、種族ごとのストーリーをいかに忠実に再現できるか?というゲームだと最近思っています。
忠実にノーミスで再現すれば100点超える設計なんじゃないかと。

そこにプラス、ラウンドタイルやターンごとに得られる資源タイルなどを駆使して点数を積み重ねて120点~150点くらいまで伸ばす感じで。

今回、資源タイルで修道士が落ちてしまったので、ハーフリング的には手が遅れてしまい、それでもなんとか130点まで持って行きましたが、1ラウンド目でスコップMAXのフラグを完遂できれば、もうちょっと伸びたんじゃないかと思い、残念な後味でした。


おっと、ゲーム会の話じゃないのかw

次回「調布のあな」は「2月16日(土)」となりますので、お時間のある方は、是非お立ち寄りください~

■第27回 調布のあな
場所:調布市教育会館2階
時間:第一部 10:00~15:00 第二部 15:30~20:30
   ※途中参加、途中退室自由
参加費:お一人様 各部500円(通し参加は400円引きで600円)
エントリー:mixiもしくは、twitterのリプライ、もしくはブログのコメントにて
定員:40名


そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは
 
関連記事

豆じゃないなら何なのさ?w【マメじゃないよ】

年末にHTPさんのお宅にお邪魔してプレイ。

ツォルキンをプレイした後に「軽めのゲーム」というakiさんのリクエストに応えようとHTPさんが出してくれたゲーム。

▼マメじゃないよ ★★★☆
(Nicht die bohne!)
版元:AMIGO
作者:Horst-Rainer Rösner
DSC_1110.jpg

4色ある数字の書いてある「豆」のカードを集めて、より多くの点数を獲得したプレイヤーが勝利するゲーム。

ゲームは、親をまず決めて親は手札から1枚プレイ。子は親のカードを見て、欲しければ「誰も欲しがらないカード」いらなければ「他のプレイヤーが欲しがるカード」を1枚プレイ。
要は親のカードの押し付け合いをするという、なんとも不思議なゲームw

親は子がプレイしたカードから1枚選んで自分の確定カード(得点)とし、親に選ばれた子は親以外がプレイしたカードを選んで確定、また選ばれた子が……と続けていき、最後の子が親のプレイしたカードを引き取って次の親になります。
これの繰り返し。

「これはプレゼンゲームです」という説明が最初ピンと来ませんでしたが、確かにプレゼン重要。

親がいかに欲しがるか?親にどれだけメリットがあるか?を考えて子はカードをプレイし、オープン後に親にアピール(プレゼン)することが重要です。
なるべくカードを取る手番が早いほうが有利な選択ができるため、みんな必死にw

ひとことで言えばかなりの「他力本願」と言いますか、自分の手札が素晴らしいほど負けが見えてくるという。不思議なゲーム。

4色ある豆カードの最高値はそれぞれ「10」なのですが、私の手札に全て来ていて、そのうえ、マイナスとなるようなカードは全くなくw

手札が良いと、みんな逆にカードを欲しがるので、私が親のとき渋いカードを出して来るんですよね。
なんという手札運の無さ。ボロボロに負けてしまいました。

4人でプレイしたのですが、もうちょっと人数が多いほうが面白いかも?

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした

ではでは
関連記事

ネコのイラストかわゆす【くるねこコイコイ】

古巣の商品なのであまり悪いことは書きたくない……
なんて気持ちを抑えつつw
年末にプレイした「くるねこコイコイ」というゲームについて

▼くるねこコイコイ ★☆
版元:エンターブレイン
作者:?
DSC_1117.jpg

発売直後くらいに購入して、まったくプレイしていませんでしたが、持込があったのでやってみることに。

ゲームは簡単で、手札から最も大きな数字が書かれたネコのコードを出したプレイヤーが、毎ラウンド提示される得点カードを引き取っていくというもの。

手札を出すタイミングは1ラウンドに2回あり、1枚目を全員が出したところで「はぴはぴカード」というゲーム条件を決めるカードがめくられ、その条件を踏まえて2枚目を出す仕組み。基本、2枚のカードの合計で勝負をする。

「はぴはぴカード」には1枚目のプレイカードをひっくり返すような内容も多々あって、展開が読めないw

「うわ!1枚目が無駄になったww」
「え?手札左回りに交換とかありえねー!」

などなど、はぴはぴカードに一喜一憂……あまり「喜」は無いので、二憂するのでした。

また、得点カードにはマイナスカードもあるので、引き取りたくないカードも、はぴはぴカードで引き取らされたりw

気軽に遊べて、可愛くて楽しいゲームだとは思いますが、ちょっと「はぴはぴカード」の内容が重くてテンポが悪い感は否めないかな?その点は残念ポイント。

とはいえ、このゲームが「本のオマケ」というのは、なかなかのレベルなんじゃあないでしょうか?
あと、メインのマンガもほのぼので良いですw


私が働いていた頃は、せいぜい「ベアブリック」程度のモノをオマケにつけて「すげーがんばった!」って感じでしたが、最近は、こんな「本当に頑張ったオマケ」をつけるようになったんだなと。ちょっと感慨深い作品です。

ぜひ、買ってやってくださいw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは



 
関連記事

題材抜きにして面白い【エイリアンフロンティア】

題材の好き嫌いは誰しもあるかと思います。
「鉄道ゲームが好き」「ファンタジー世界が好き」「開拓時代が好き」「日本が舞台ゲームが好き」

そして「宇宙ゲームが好き」などなど。

私は「宇宙3割引」と公言するくらい宇宙題材が「嫌い」ではありませんが「興味が無い」感じです。
故に宇宙モノは、かなり斜に構えて臨んでしまうのですが、今回プレイした「エイリアンフロンティア」は非常に楽しめました。

▼エイリアンフロンティア ★★★☆
(Alien Frontiers)
版元:LocWorks
作者:Tory Niemann
DSC_1122.jpg

年末の自宅ゲーム会に ひろぴさんが持ってきてくれたのでプレイ。

ダイスを振って出た目に応じてもらえる資源やアクションを使って惑星にコロニーを作り、その占有権=勝利点を稼ぐゲーム。なんというか、ダイスを使ったワーカープレイスメントですね。これは。

いずれかのプレイヤーが手持ちのコロニー全て建てきったところでゲームが終了となり、一番勝利点を持っていたプレイヤーの勝利。

戦略的な立ち回りを要求されるなかで、運の要素が強く出る作品は苦手ですが、同じように運要素が絡むものでも、明確なダイスゲーとなると話は別ですw

ダイスゲーはもう「まるっと運ゲー」と割り切ってやるので、ガッツリ戦略を練るより多少の方針を決め、あとはその場のひらめきで遊びます。こういうのは嫌いじゃないです。

ひろぴさんは資源を確実に確保しコロニーを建てていくプレイ、自分はとにかくダイスを確保し後半のパワープレイに期待するプレイ。

中盤まではかなり厳しい戦いを強いられましたが、後半狙い通りダイスの数による力技でコロニーを順調に建て追い上げた末に、なんとか勝つことが出来ました。

宇宙3割減としても非常に面白い。

テクノロジーカードのお陰でダイス運もそれほど気にならず。
欲しい資源やアクションのマスに相手のダイスが既に鎮座しているときの絶望感とか、鎮座しているのにテクノロジーカードで排除されたときの虚無感とかw

宇宙題材の癖に(失礼)なんという侘び寂び漂うゲームなのかと。

手軽に遊べて、盛り上がりどころもたくさん用意されているので、非常にオススメできる作品だと思います。
購入リストへ直行とw

他にも「宇宙3割減」な私でも「面白い!」と文句無く言いそうなゲームがあったら是非教えてくださいませ~
毛嫌いはしていないので!


そんなかんじで、今日も「どうでもいい話」でした

ではでは
 
関連記事

出稼ぎ労働者の開拓劇【アーバニゼーション】

引き続き、年末年始自宅ゲーム界にて、メビウスゲームさんの12月頒布会ゲーム「アーバニゼーション」をプレイ。

なんと! 1日で2プレイしていますw

結構お気に入りかも?

▼アーバニゼーション ★★★
(Urbanization)
版元:Queen Games
作者:Johnny Ebsen
DSC_1125.jpg

全6ラウンドのゲームの中、1ラウンドは3セクションに分かれており、3セクション中の1セクション「アクション」を4ターン行って土地を発展させて行くゲームです。
こう書くとややこしいですねw

要は4アクション×6ラウンドで勝利点を稼ぐゲーム。

勝利点を稼ぐ方法は、建物を建てるか、工場で生産するか、市民を増やすかの基本3つのみ。
特に市民を増やすことが一番得点効率良いので、ゲームの目的として第一命題となるでしょう。

▼自分の街の発展を表す個人ボード
DSC_1124.jpg

土地は全プレイヤーでシェアすることになるため、陣取りの要素もありますが、基本的にはリソースマネジメントの要素が強いゲームです。

市民を維持するために食料(穀物)が必要になるため、早く抱えすぎても食料が足らずにまた減ってしまう結果になることも。このあたりの微妙な運用が肝なのですが、これがなかなか難しい。

実際にプレイした感想としては、市民は」3~4人あたりで維持して得点を稼ぎつつ(MAX8人)最終ラウンド手前で6人、最終ラウンド終了時に8人まで上げる計画が得点を稼げそうな印象でした、

あと、上級ルールにはプレイを有利にするための「発明」という要素が加わるのですが、プレイが有利になるとはいえ、獲得までの道のりが険しく、発明に手番を裂くほどのメリットをあまり感じませんでした。ちょっと残念。

得点要素が少なく、得点も1点・2点程度の入り方なため、終盤まで得点差がつきにくく、かつ、最終決算でも特別な加点はほぼ無いため、展開が地味になりがちなのもちょい残念。

とはいえ、運の要素は一切無く、1点の重みを噛み締め、地道に点を積み上げる計画立てが楽しい本作は、自分の好みですw

派手さはありませんが、システムも凝っていますし、凝っている割にはプレイしてみればそこまで難しくなく。
これといった目新しさもありませんが、戦略的に自分の街を発展させて行く楽しさがあるオススメ品です。

価格も、盛りだくさんなコンポーネントを考えれば安いかと。

そんな感じで、年始から充実したゲームに出会えましたが、基本「どうでもいい話」でした。

ではでは
 
関連記事

年越しはこのゲーム【カッラーラ】

昨年12月のメビウス頒布会ゲームのひとつ「カッラーラ」を新年にプレイ。
年越しで展開されていましたが、人数的に最初は観ているだけで、私が実際にプレイしたのは年が明けてからでしたw

▼カッラーラ ★★☆
(Die Palaste von Carrara)
版元:Hans im Glück
作者:Wolfgang Kramer
DSC_1129.jpg

▼個人ボード側から
DSC_1126.jpg

自分の手番で出来ることは4つ

・資源ボードを回して資源を購入する
・購入した資源で建物タイルを購入し、個人ボードに配置する
・建物タイルの決算をする
・ゲームを終了させる

資源の獲得方法が若干特殊で、ボード上にある回転するボードへ資源の合計が11個になるように補充した後、ボードを回します。
回した後に資源を購入するのですが、ボードは区分けされていて、ターンが経過するほど資源が安く買えるように。

補充される資源はランダムなので、なかなか思うように欲しい資源が手に入らずモヤモヤw

更に決算にしても、お金が決算でしか手に入らないため、金策と勝利点確保のジレンマで購入するタイルを決めるのが本当に難しく。

タイルの引き、資源の引き、双方の運の要素がちょっと高め(特に資源)なので、思うように点が稼げずに惨敗しました。

面白いとは感じたのですが、手軽に遊ぶにはちょっと時間が長く、運のウェイトも若干高め、他のプレイヤーとの干渉度も高めなので、「もっとこうした方が良かったんじゃないか?」という感想が薄く、私的にはリプレイ欲は低めな感じです。

とはいえ、本当にプレイ中は楽しい時間を過ごせたので、オススメは出来るかなと。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは
 
関連記事
調布のあな

次回の調布のあなは
11月16日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
hhttp://twipla.jp/events/66182

最近の記事
ボードゲーム
最近のトラックバック
かんちょー@なつめ
調布のあなやってます
(・∀・)それだけ!  

かんちょー@なつめ

Author:かんちょー@なつめ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
オークション
調布のあな関連
最近のつぶやき
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。